11月15日 美しい歯科助手さんを見つめてたら700ドルの虫歯治療が終わってた。海外の図書館に置いてある日本の本に特徴あり。NBAなんかのスポーツがリアルタイムにある日常。

Nov 15。

ようやく虫歯治療の日がやってきた。まぁこの1週間は抗生物質と痛み止めでなんとか乗り切れていたのでよかったが、今後のことを考えると今治療しておかないとえらいことになりかねなかったので、いいタイミングでの治療になった。もっと言えば、きっとニュージーランドにいる間にしといた方がよかったのは言うまでもないんやけど。8時45分といういちばん早い時間での予約やったので、バンクーバーの通勤ラッシュと被ってしまった。でも日本と違っているところは、バンクーバーの電車はぎゅーぎゅーにはならないってとこ。まぁこれが本来あるべき姿なんやろうけど、これ以上乗れないなって感じたら次の電車を待つ。そんな感じで、少しずつ人が待っている感じが永遠と続く感じ。こっちの方が全然いい。僕はもう駅員さんに押されるような状況だけには出くわしたくない。んで話は戻る。やっぱり選んだデンタルクリニックはここでよかった。歯科助手さんが美しすぎて、治療してもらっている間もずっと見てしまった。おかげで1時間近くかかった治療は全然長く感じなかった。虫歯治療終えた後の歯を鏡で見えても、何が変わったのか全然わからないくらい、同じような見た目に戻っている。こういう治療方法やったんやろうな。削ってまた元どおり的な。すげー。まぁ700ドルも払ったらこれくらいで当たり前なのかな。それにしてももう超知覚過敏で悩まされずに済むと思うと、気が楽でしゃーない。水飲んだり、コーヒー飲んだり、歯磨いたり・・・日常生活があんなに辛いっていうのはもう勘弁やな。

時間もあったのでお昼は図書館へ。軽めの自伝的なものを見つけて、それを3時間くらいかけて読破した。日本にいる元同僚で親友のカセくんが、僕たちの大好きな千田琢哉さんの本を送ってくれると連絡をくれたが、持ち運びができなくて結局誰かに譲ったりすることになるので遠慮した。せっかく親切でもらったものを読みきって終わりってことにはなかなかしたくないから。メルボルンやシドニーの図書館でも同じやったけど、なんか海外の図書館に置かれている日本の本って、ある程度趣味嗜好が似ている気がする。これはもし海外に出てきている日本人の方々が、図書館に寄贈しているとするならば、なんとなくざっくりとタイプ論で話せそうな気がしてくる。

夕方は初めてのカナディアンフレンズであるシーナとかミールに誘われて、ダウンタウンのバーにNBAの唯一のカナダチームであるトロント・ラプターズの試合を見に行った。シーナはトロント出身。で、ふたりともバスケが好き。特に何か会話したわけじゃなかったけど、一緒にゲームを見て楽しんだ。シーナの話によると、彼女の地元のトロントではラプターズが試合で100点以上とるたびに、無料のピザ券がもらえるんだとか。阪神が5点とったらとかはないな。カナダに来て楽しいことの一つは、NBAやNHL、それからMLBなんかの自分が興味があったりすごい好きなスポーツが、ごく日常的にあってしかもそれがリアルタイムでってところがすごい気分がいい。NBAも今から試合だからバーに観に行こうよ!ってなんかすごいいい。バンクーバーを出てトロントに到着した時には絶対にスタジアムとアリーナに生で観に行く!!!

IMG_4697.jpg
晴れてたら綺麗やろうな。

IMG_4704.jpg
町散策。

IMG_4702.jpg
カナダプレイスというところ。

IMG_4703.jpg
晴れた日にもう一度やな。

IMG_4705.jpg
NBAな日常。

明日はNEWボードが到着!
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

スポンサー

Comment