WWOOFもしくはHelpxそれからWorkawayに登録すべし!

WWOOFもしくはHelpxそれからWorkawayに登録すべし!

Workawayはまだ実際に利用していないので見出しにだけ書くことにするが、WWOOFとHelpxは実際に数回利用したことがあるので紹介しておくことにする。すげーオススメやから!

おそらくワーホリで色々ネット検索していひとたちは、WWOOFの存在は大体の方が知っているだろうと思う。数時間の労働の対価として食事とアコモデーションを提供してもらうという、いわゆるエクスチェンジ。WWOOFは有機農業のお手伝いが主流、それから今回ぼくがニュージーランドで登録して利用したHelpxは、農業からアコモデーションビジネスまで実に様々な業種に渡って経験をすることができる。そして今回はそのHelpxに照準を当てて、少し話をする。ぼくが行ったのは3箇所のホストの手伝い。1つめはファームのお手伝い。羊や鶏を飼っている家で、鶏小屋の掃除をしたり、チェスナッツを集めたり、ペンキ塗ったり、晩御飯作ったり、ってな感じ。2つめはバックパッカーのハウスキーピング。チェックアウト時間に合わせて仕事を始めて、ベッドメイキングから窓拭き、ゴミ出しまで。それから最後の3つめは牛ファームの手伝い。1000頭の牛の移動、注射の手伝い、それから1歳3歳の子どもと遊ぶ、ご飯作る、ペンキ塗りってな感じで。

このHelpxは本当にいろんな業種のお手伝いができるので、なんか人生経験としてもいいし、どこかに少し滞在してみたいっていう時に気軽にできるのもまた便利でいいかなと感じた。それから一度登録してしまえば、2年間利用できるし、世界中のありとあらゆる国のホストを探すことができるので、今ぼくがいるカナダはもちろん、ワーホリビザがない国であってもビジタービザを使って利用すれば、海外に長く滞在する上では節約どころか、そのローカルを知るって意味では最高のシステムなんじゃないかなとさえ、思う。いくらか金額は忘れたけど全然高くなかったように思うし、ここに素敵なホストとの出会いがあったりもするので、すごいぼくは好きで、また使えるタイミングを伺えっている。特にカナダ以降で訪問を計画しているアメリカから中米・南米は日本人はワーホリビザを持っていないので、少しでも長期で滞在し、現地を知ろうと考えるのであれば、このHelpxを使わない手はないなって思っている。きっとぼくもどこか長く住んでみたい土地が出てきたら、そこが次のHelpxを利用する場所なんだろうな。

おそらくWorkawayも同じような感じだろう。利用する機会があれば、またいずれ紹介することにして、まずはHelpx。特にニュージーランドはファームもたくさんあるし、バッパーのエクスチェンジも主流のひとつなので、すごい便利に活用して、いろんな経験を積めること間違いなし。ぜひ、興味のある方は登録して、まずどこかひとつのホストにチャレンジしてみてください!

↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

スポンサー

Comment