西欧文化を取り入れるのもええけど。そんなんじゃなくて、ぼくがめちゃくちゃ日本で開催してほしい大きなお祭りイベント!!

最近はまた色々考える時間ができて、英語の渦巻く大海原で怒涛のように走り抜けた半年を終えてまた頭の中を整理できる機会なので、このタイミングで自分の意見を書き記しておく。あくまでぼくの意見、共感してくれるひとがいたら本当に嬉しいことです。

クリスマスやバレンタインデーは物心ついた時からあったし、それもまた日本独自の文化になっている。だから年末年始を含めての12月からホワイトデーまでのイベントは大好きである。それから他にも毎月の日本の伝統文化。ひな祭りがあったり、お月見あったり、鯉のぼりがあったり・・・。それからぼくの地元大阪の泉大津市・岸和田市では全国的にも有名なだんじり祭りがある。これもまた古くから伝わり継承されているお祭りですごく好きである。他にも夏には花火大会があったり、全国的にはさっぽろ雪まつりや大きな祭りである祇園・ねぷた・どんたく・天神・神田祭りなどがある。こういう日本古来のお祭りはいつまでも続いてほしいと願っているし、帰国した後には絶対に参加してみようと決めている。

最近ではハロウィンが盛り上がっている。渋谷が荒れ狂うニュースは海外にいても毎年のようにYahoo!ニュースで目にする。それから祭りではないけれど、ブラックフライデーなんかも始めようとしている。なんやろうな、ここ数年というか、携帯電話が普及し始めて、SNSが日常の中に入ってきて、という劇的な変化を遂げているこの数十年間で人のあり方というのが、良い悪い関係なく大きく変化しているのは確かだろう。そして、毎年ハロウィンのニュースを見るたびに嫌悪感を抱き、何か寂しいというか悔しい自分がいる。海外での宗教的なお祭りとは全く違って、ただ自分たちが楽しみたいだけの文化祭的な雰囲気がどうもぼくには1ミクロン足りとも響かない。ぼくみたいな人も当然いるやろう。ぼくみたいな人に反論する人も当然いるやろう。人それぞれ。全然意見があっていい。

そして、ぼくはそこを議論したいわけではない。ぼくが言いたいのはもっともっと日本的な大きな祭りの日を作ってほしいってこと。ぼくが思い描く最高の新しい祭りは「仮装ではなく、多くの人が袴や着物を着用して、何か江戸時代やその昔の屏風絵を彷彿とさせるようなお祭り」があっても面白いんじゃないかって常々頭の中で思い描いては、ワクワクドキドキしている。下駄や草履を履いて、和傘やから傘を手に持って、町へ繰り出す。もちろん建造物にその名残はない。近代的で電車が通れば、車も通る。でもそんな町の中でも世界が美しいと認める日本古来の着物を身にまとい、何かこうどこかで侍のいざこざがあったとしても、どこか平和で・・・みたいなことを連想させてくれる時代へタイムスリップしたかのような楽しみ方ができる日があってもいいんじゃないかって思う。お城がある町なんかではぴったりだと思うし、そこに参加してくれるひと、それから見学するひと誰しもが非日常というか、日本史の中に入った世界観に浸れるというか。やっぱり日本は和である。世界で和物がいちばん美しいと思う。それくらいおそらくみんなが自信のある芸術であり、日本の伝統・文化・誇りだと思う。どうなんかな?こんな祭りの日があったらあかんのかな?ぼくは他のどの祭りよりも魅力的やし、日本人のたくさんの女性が着物を着ているところを見てみたいとも思う。おそらく外国人観光客も大好きな日になる。なぜなら京都や奈良が観光名所なのは、やっぱり日本古来の文化が今尚色濃く残る土地であることを知っているから。世界の民族衣装やお祭り、それから世界遺産や遺跡にたくさんの方が興味を示し、旅行で訪れるのはやっぱり新しいものにはない歴史をそこが感じさせてくれ、それが自分自身の奥深いところに響き、何かを考えさせてくれる素敵なものだとわかっているから。

まぁ最初のくだりは全然いらないのだが、ぼくの中でその対照があまりにもしっくりくるので書いてみた。具体的なとかじゃなくて、ぼんやりと描いているぼくの日本での理想の大イベントというかお祭り。こんな日があったらええなーって思ってくれるひと、おらんのかなー。

↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

スポンサー

Comment