11月27日 このアーティスト・曲で、人生で初めて純粋にその歌だけで泣いてしまった。計画ではなく直感、真剣ではなくリラックス、これが自分と真逆のひとの圧倒的存在感ってやつか。

Nov 27。

EXILEのドームツアーのライブを見に行った時には、あまりのスケールの大きさに思わず興奮して涙が出てきたのを覚えている。Vlidgeの小さなライブハウスでのライブを見に行った時には、自分が小さい頃に音楽番組で見つけて以来のいちばん大好きなアーティストに会えた感動で涙が出たのを覚えている。普段音楽を聴く時には、ぼくはあまり歌詞を考えて聴くことはない。というより、歌詞が入ってこない。どちらかというとリズム感だったり、その音楽の空気感みたいなもので好きになったりハマったりするようになる。今日、おそらく人生で初めてかもしれない。単純に歌を聴きながら涙が溢れ出てきた。

鶴瓶さん司会のテレビ番組「A-studio」。お母さんとともに大好きな番組で、海外に出てからも出るゲストにもよるが欠かさず見るようにしている。たった30分、人のすべてなんて知るわけもないし、有名になってスターに上り詰めた方たちの努力なんかを30分で理解しようなんて失礼である。今日のゲストはシンガーソングライターの高橋優さんだった。名前と数曲知っているくらいで特にお気に入りのアーティストとかではなかったが、いつものように見ていた。おそらく人間をいくつかの分類にタイプ分けするならば、ぼくは同じところに所属するんじゃないかなって感じる部分がたくさんあった。あまり自分からガンガン前に飛び出ていくタイプではない。でも心の中には自分に対するものすごい圧の自信があって、一度自分のゾーンに入るとその感情を抑えられなくなり、誰よりもキラキラした目で語り始める。自分の分野に対する絶対的な自信とそれを裏付ける何か秘めたるものを持っている。そんな印象。そらもちろんぼくなんて比べ物にならないくらい小さなところにいるとしても。そんな彼が今回歌っていた「Beautiful」という一曲。自然と涙が溢れてきた。なんだかふわふわとした感情がそこにありながらも、そのふわふわをぎゅっと凝縮してもらえたような、そんな感覚。その曲が終わって番組が終わったあと、この感情はなんだったのかなって思いながら、唯一知っている曲「福笑い」を聞いた。やっぱりまた自然と涙が溢れ出てきた。きっと共感する部分だったり、この高橋優さんが人に伝えたいポイントがわかるんだろうなって理解している。不意を突かれた思わぬ形で、大切な感情にタッチさせてもらえたことが本当に嬉しかった。ありがとうございます。それからあと、女の子にボディタッチされたらその箇所がずっと気になって仕方ない点、わかるわかるどころじゃないくらいにわかる。

夕方はネットの掲示板から繋がって今日初対面の翼ちゃんと話していた。ぼくと何もかもが真逆で、計画性なんかなくて今の自分の感情の赴くままに生きていく。飲みたいものを飲み、食べたいものを食べ、やりたいことをする。それでいいじゃんって。プロ顔負けの絵の才能、不思議ちゃん、ヘラヘラ・・・。ぼくと全部が違う。きっと自然と最良の道に足を踏み入れてしまうような、そんなタイプ。3時間くらいやったやろうか、いろんな話をしながらすげー楽しい時間になった。まだまだ知らない人がたくさんいて、そんな人たちから学べることがたくさんあって、またそれが糧になって幅を広げ、自分を大きくしていくために必要な時間だったと思わせてもらえる。ありがとう、彼女とは良き友達になれそうです。

15282055_1257232491018007_675794542_n.jpg
もうちょいなはずなんやけどな。

明日も人との約束!
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

スポンサー

Comment