己を旅する時間の中で、世界を旅することでしか得られない特別なものは何か。いま自分自身のあり方について向き合い、考え、気づき、思うこと。

ジュンヤさんに、「日々の生活の中、いや、もっと言えばどこにでも”己を旅する時間”が存在するのではないか?」と問われた。そして、「”世界を旅すること”の中でしか得られない特別なものは何か」と・・・。

ぼくの中ではまだ答えは見つかっていない。いつ見つかるのかもわからないほど不鮮明で、光までの一本の筋道にすらたどり着けていない。ゆっくりぼんやりと考えていた。世界を旅することでしか得られない特別なもの、世界を旅することで得られる”違い”。ぼくという人間についてひとつ明確にわかっていることは、「弱い」ということ。弱いから旅をしている。弱いから日本を飛び出た。そんな感覚が消えることはない。社会人時代、繰り返される毎日に身を置きながら自分を形作っていくことがどうもできていないように感じていた。今思えばそんな感覚がよく当てはまる。日本を飛び出て、知らない町、知らないコミュニティ、新しい出会い、そういう環境の変化に身を置くことでしか、自分を形作っていくことができないんじゃないかと。逃げているとは思っていないが、その要素は少なからず含まれているのかもしれない。ここではない、どこかへ。といった感じで。自分を大きく見せるひとは、臆病者なんじゃないかって思っている。多くを語り、自己主張が強いひとは、ビビリなんじゃないかって思っている。友達が多いひとは、寂しがり屋なんじゃないかって思っている。あながち間違っていないと。ここまで書いてきたことで、自分を卑下したり、嫌になったりしているわけでもなければ、それらがわるいことなんて微塵も思っていない。むしろ、それはその人、ぼくにとってオリジナルの自己表現の方法であり、成長の方法だから。それが個性であるから。あえて、どちらかというとネガティブ要素の強い言い回しを使ってみたが、ぼく自身の言葉に置き換えるのであれば、ここからがぼく自身の本当の想いであり、表現方法になるだろう。

環境を変えることで自分と向き合える。知らない世界に飛び込んでいく、知っていくことで、自分を見つけ直し、気づき、前に進んでいける。そういう方法で自分を変化させていけることを知っている。この3年半の生活を考えれば、ルーティーンのような毎日の生活が、長くても半年ピリオドで終わり、次のステップへと向かっている。日本にいてそのままの生活を続けていたならば、気づけなかった自分の強さや弱さ、自分でさえ知らなかった人間力、ふとした時に出てくる覚悟や勇気、そんなものが少しずつ見えてくるようになった。まだまだ知らない自分に出会っていくのが本当に楽しみであり、そんな自分にワクワクしている。きっと逃げているのかもしれない。そういう方法を使いながら自分と向き合っているのかもしれない。でも、ぼくはこの「逃げる」という言葉が必ずしもネガティブではなく、むしろぼくの中ではポジティブに捉えている。「辞す勇気、絶つ勇気、逃げる勇気」というのは、時に「続ける勇気、諦めない勇気、繋げる勇気」よりも覚悟がいることで、前に進む力はそれ以上だったりする時が少ながらずあるとぼくは考えている。例えば、世界一周したい、ワーホリしたい、転職したい、何か違うことをしたい、っていう自分が現れた時に、現状の仕事を辞める覚悟と決断ができた時に、すでに勝負はついている。そこでの体力の消費量は半端ではない。その自分が自分にかける圧力に打ち勝つことができた時点で、もう次のステージへ向かう自分の準備はできている。すごく勝手な考えかもしれないが、ぼくはいつもそんな解釈と指針を持っている。はい、次!はい、次!って進んでいけるようになった今の自分は、環境を変えることで自分と向き合えることを知っている自分だからできるようになったこと。

答えにはなっていないけれど、ジュンヤさんの問いに対して今の自分が出せる引き出しは、こんなところだろうか。

↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

スポンサー

Comment

A.J  

全力の回答ありがとう!w 宇田らしいなぁー。とまず思ったよ。


この文章を読んで思ったことは、
どんな小さな事でも、今目の前に起こっている事が全て特別なこと:宇田にとっては「今=世界を旅していること」俺にとっては「今=大学院で勉強していること」

そう仮定すると
今、宇田の目の前で起きている全てのことが「世界を旅することでしか得ることのできないこと」

かもしれないね。

また語りたいな!

2016.11.30 Wed 04:33

宇田 大樹(Hiroki Uda)  

To A.J

いい解釈の仕方に、さらにプラスで感じ取ってもらえて恐縮です。本当にまたゆっくり話したいですね!その日を楽しみにしてます。いつもですが。w


> 全力の回答ありがとう!w 宇田らしいなぁー。とまず思ったよ。
>
>
> この文章を読んで思ったことは、
> どんな小さな事でも、今目の前に起こっている事が全て特別なこと:宇田にとっては「今=世界を旅していること」俺にとっては「今=大学院で勉強していること」
>
> そう仮定すると
> 今、宇田の目の前で起きている全てのことが「世界を旅することでしか得ることのできないこと」
>
> かもしれないね。
>
> また語りたいな!

2016.11.30 Wed 11:52