12月3日 誰も知らないバンクーバーでのワーホリ、友達を作るために最初に利用した方法!ウェブサイトからアプリまでを駆使してみた。久しぶりにちょっと役立つ内容かも!?

Dec 3。

11月6日のお昼過ぎにニュージーランドはオークランドを旅立って、新しく足を踏み入れたカナダはバンクーバー。かれこれ1ヶ月が経とうとしている。若干の鬱になるくらいの寂しさを味わいながらも、ようやく全ての歯車が噛み合っていつも通りの自分、楽しい毎日になろうとしている今日この頃。以前にカナダでワーホリしていた友達たちは帰国したり、違う国へ移動したりで本当にカナダ国内の地面に立っているひと、誰ひとり知らない状態で始まった。まぁオーストラリアもニュージーランドのワーホリも、それから東南アジアの旅なんかもそれが普通なんやけどね。なんかそういう言い方したほうがええ感じやん。ってだけ。んでここまでの1ヶ月間で友達になれたんかはわからんけど会って話したり、連絡を取ることができたひとたちは全部で20〜25人くらいなのかな。多いか少ないかはわからんけど、もし学校とかバイトとか行ってなくて人と関わる機会がなかったら活用できるんかなーと思って書いておこう。誰かの参考になれば嬉しい限り。

まずはカナダの日本人用クラシファイドのサイトを活用。「JPCanada」とかそういうサイトさんの掲示板に友達募集的な。これで何人か日本人のワーホリの子達と出会えて、仲良くさせてもらっている子もいる。それから次はカナダに限らず日本に興味がある人たちが登録している語学学習サイト「Oh My Japan」とか「Hello Talk」とか。カナディアンと出会えたわけではないが、韓国人とトルコ人(しかもカナダにいないっていうオチ的な)に連絡をもらうことができて、定期的にメッセージのやり取りをしている。スピーキングの練習にはなっていないけれど、ライティングというか英語を使う環境にはとりあえずなっているし、初めてのトルコ人友達ができたってのもまた旅の楽しみになる。次はワーホリお馴染みのランゲージエクスチェンジ、そのまま「Lunguage Exchange」と「Conversation Exchange」。実際に数人のカナディアンと知り合えた。カナディアン同士の友達と自分一人で会ったりすると、やっぱり僕はまだ会話に入れるほどの英語力がないから結局続かないんやけど、知り合ってたぶん方法次第ではいい友達になれるはず。日本人や日本文化、日本語に興味があるひととはやっぱり友達になりやすいしね。それからこれまたお馴染みの「Meet up」。語学学習のためのMeetupにしか参加していないんやけど、それでも友達ができた。友達をつくるためのMeetupもあるし、それも日本人とカナディアンっていう繋がりに特化したMeetupとかもあるみたいやから、こういうのを活用したらすぐできんねやろな。んで最後にアプリ「Tinder」。女の子にはオススメしないし、典型的な日本人の僕みたいな男にとっては悲しい現実を突きつけられるだけやけど、根気強く利用していれば、たぶんカナディアンと知り合いになれるはず。僕はこのアプリを通して日本人の友達ができた。外国人はカジュアルな出会いや夜の方を求めているひとが多いみたいで、そういうのは僕はよくわからないけれど、なんとか友達を作りたくてこっちに来てから登録して使っている。いつかカナディアンが僕と繋がってくれることを願ってやまない。ってことでいろんな方法を駆使してみている。お、初めてワーホリくる子とかにはちょっと約立つ情報かも!?どうかな?

15300585_1265367933537796_230108798_n.jpg
最近読んでるやーつ。

明日は晴れやし仕事ーッ!!
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.