12月14日 あるある?なんで同じ時期にたくさんの物がなくなったりするのだろう。旅路におけるスケジュールの立て方において「誰と」以上に「何を」と「どこへ」を優先する理由。

Dec 14。

先日書いたいちばんなってはいけない状況と心境、まだ心の整理がつかないのでもう数日かかるだろう。ゆっくり考えないとな。ほんまイケてない自分や。

この前スノボしているときに背の高さ以上ある雪の穴にはまって、ファカパパのスタッフサングラスを無くしてしまった。今日の仕事中にファカパパのスタッフグローブが親指部分ビリビリに破れてしまった。3日前にスノボブーツのシューレースを固定する部分が潰れてしまった。今日突然に日本を離れた時から愛用しているイヤフォンの左耳が聞こえなくなった。1週間前に高校の時に兄からもらって今でも愛用しているビームスのパンツが破れた。歯磨き粉とシャンプーとボディクリームがなくなりそう。風呂場で滑ってごっつコケた。最後のはまったく関連性がないけど、ガタがきている。ガタガタや。あと最近ちょっと目がわるくなっている気がする。わるくというか若干かすむ。ストレスで、っていうのはわかっている。疲れとストレス。こことのうまい付き合い方ができていない上に、さらに覆いかぶさってしまったので仕方ない。あんまりひどいようやと睡眠薬とか買ってみてもいいのか。そんなことして起きられなかったらそれはそれでヤバいな。ちょっと回数多すぎるのはツッコミどころやけど、勝手に朝目がさめるのは都合が良すぎるやつ。そこは眠りの浅い自分に感謝。バンクーバーきてからの心身状態、えぐいぜ。この下の文は書き溜めてたやつだぜ。

これまでの旅路において、スケジュールやプランは一定の指針に基づいて動いている。特にことワーホリに関しては一貫して予定を前もって立てて動くようにしている。仕事の確保に始まり、その期間が終われば次の町へ。決して1年を1つの町に定住することはなく、とりあえずその国をできるだけ感じられるように。そんないかにも僕らしい方法で。「何をするか」とか「どこに行くか」よりも「誰と過ごすか」が人生を豊かにする・旅を満足させる上で重要だと大抵のひとは言うかもしれないし、僕も賛成する部分は多くあるが、そうじゃないってこともあるんだってこと。

僕にとっては「何」と「場所」の優先順位を下げることはない。ここには絶対的な執着というか基準がある。「やりたいこと」「行きたい場所」に「出会うべきひと」がいることを知っているから。結婚していたり、婚約者がいたり、それこそ家族を持っていたなら「誰と過ごすか」がプライオリティーになってくるのは至極当然の話。まずは大事な人からってとこ。それにそういう旅をしたこともあって、それがいかに楽しい思い出になるかも知っている。そう、楽しい思い出になることは知っているという感覚。だけれど、見て、触れて、味わって、匂って、聞いて、感じて、っていう感覚、それから出会って、っていうことは受け身よりも進むことで扉が開けることがたくさんあると実感している。大阪、ホームタウン。帰る場所はここ。過ごすひとは両親。これさえ決まっていればあとは自分の思うがままに走るのが僕のやり方。「誰と過ごすか」を優先してしまうと、「行きたい場所」「やりたいこと」を断念しかねない局面も出てくる。僕は「行きたい場所」「やりたいこと」の先に現れるひとと出会い、そこに過ごしたいと考える。そこで過ごせたひとがそれでベストなら最高って感じで。全然まとまっていないけれど、なんかただ言いたくなったこと。

IMG_5417.jpg
グッドモーニング。

IMG_5422.jpg
好きな写真。

IMG_5431.jpg
好きな写真。

IMG_5443.jpg
好きな写真。

IMG_5452.jpg
日が落ちてきた。

IMG_5455.jpg
伝わらん、絶景やのに。

IMG_5456.jpg
帰りますか。

明日も晴れ!今週ずっと晴れ!!
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply