12月20日 「I gotta go!!」を連呼する、自分だけにしかわからない仕事のシチュエーション。自分にとって特別な意味のある日付ってありますか?僕は5月11日がそこに加わった。

Dec 20。

昨晩から今朝にかけて気温の上下が激しかったらしくて、チェアリフトのケーブルとシーブスにすんげーアイスが張り付いていたみたい。9時スタートのシフトやったけど、到着したらまだ全然メンテナンスが終わってなくて、結局11時くらいまでずっと待ちぼうけになるような状態やった。ほんまに数センチほどのすげー分厚い氷がなっていて、おそらくここMt.Seymourスキーリゾートでは日常的にDe-Icingが必要なわけじゃないから、結構手こずっているようやった。なんかDe-Icingって聞いて、タワーやケーブルに付いてしまっている氷を見て異様に興奮してた。なんかひとり若干にやけてもーてた。心の中では「I gotta go !!! I gotta go !!!」ってすげー何回も連呼してた。懐かしいな、ニュージーランドのファカパパスキーフィールドでのDe-Icingの仕事。イエティスティック、ハーネス、10-4、Safe on 11・・・すげー貴重な経験をほんまにさせてもらったんやなって改めて感じる。ここでは熟練のってかもう何年も働いているワーカーだけができる仕事。このDe-icingって仕事、普通に世の中にあるフィジカルジョブのひとつに過ぎないし、特別感を感じているのは僕だけかもしれないが、本当にすごい仕事をさせてもらったって自分では思っている。精神的にも肉体的にも一生自分の中で語り続けられる仕事。とか考えてたら、ようやくリフトが動き出していた。そして、自分の持ち場であるブロックトンリフトもまたDe-Icingが必要で、さらにここから2時間待ち。結局リフトが動き出した頃には13時を回っていた。すげーゆるい1日になった。これはこれでよし。リラックスできたしね。

今月25日のクリスマス、それから来年1月1日の元旦は仕事が入っている。ひとりで休みになったって家族や恋人がいなければすることもないし、祝うこともないし、何の特別感も覚えない1/365の普通の日。この日付っておそらく人それぞれ全然違う感覚を持っているんやろうな。例えば○月○日が付き合った日、結婚記念日、誕生日、何か特別なことが起きた日、そういう人にはわからない自分の感覚で、待ち遠しすぎるキラキラ光った1日になる。カレンダーのそこだけ太字になってるんじゃないかってくらいに。僕にとってここ数年で増えた大事な日は5月11日。そう、日本を離れて世界へ飛び出した日。ここはとても大事にしている日。来年2017年5月11日で丸4年、5年目の海外生活を始めることになる。とうとう5年目に突入か、もっともっと長いように思っていたけれど、あっという間というか普通に過ぎていく毎日が何だかリアルでいて、リアルでない。4年で9カ国、いいね、このゆったり感。1年で世界一周30カ国回ってきた!よりも、10年で10カ国過ごしてきた。の方が、なんかカッコよく聞こえる最近。少し感覚が変わってきたのだろう。12月21日はお母さんの誕生日、日本は1日早いから今日、いまメールしておいた。

白飯をたらふく食えるように配分したので、この2日間の満腹の満足感はかなりいい感じ。やけど、それに対するおかずの配分ミスでほぼ白米だけ。明後日にはまた1週間分の調理をしないといけないから、今度はおかずもガッつけるように調整しよ。あーもっと食いてーー!!

IMG_5550.jpg
朝は

IMG_5552.jpg
すげー天気わるかったけど

IMG_5555.jpg
夕方はめっちゃ綺麗やった。

IMG_5560.jpg
あーノスタルジックになる空。

明日も仕事。今は忙しいのが最高。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.