今回の世界一周の旅における2つの最終最大目的地。(時期未定だが200%決定事項)

「実家」と「ハワイ」。

最初に断言しておく。この2つの場所が今回の世界一周の旅の最大にして最終の目標である目的地。こんなこと言うまでもないが、無事に日本に帰国して、家族と再会をすることが何よりの最終目標になる。時期はまだ全然わからない。2017年今年はカナダにいるだろう、来年・再来年はイギリスやドイツのワーホリを30・31歳というギリギリの年齢制限の中で挑戦することになるだろう。その後は、おそらく東南アジアでスキューバダイビングの仕事を2〜3年するだろうし、フィリピン留学でお世話になったMMBSや他の学校で可能であれば、数年かけてでも何か役立てることがしたいとも考えている。どこかの国で居心地がよくなれば、そこでできるだけ長く滞在できる方法を見つけ出すかもしれない。少なく見積もってもあと5年、2020年以降35歳くらいまではまだまだたくさんの国を渡りながら、自分の目で見てみたいこと・やりたいことに挑戦しているだろう。

ただ最終的な目標のこの2つは、日本を飛び出してくるときから一切変わっていない。この2つを守れないと感じる寸前には、どの時期であろうとこの世界一周の旅を終える覚悟はできている。この2つができないことには、今回の世界一周の旅も今も続けているワーホリでの長期滞在も、すべて水の泡になってしまう。自分がいるのはもちろん周りのおかげ、友達のおかげ、仲間のおかげ、でもそんなこと以前に、母親と父親という存在のおかげであることを忘れてはいけない。30年近く生きてきて、何の恩返しができただろうか。どれくらいふたりを喜ばせてあげることができただろうか。それ以上にどれくらい苦労をかけてきたのだろうか。実家に帰って顔を見せることだけで何かふたりにできるなんて思わない。でもそれでも、やっぱり元気に生きている自分の姿を見せることが何よりの喜びを感じてもらえる方法だと、今の行き方をしている自分は思っている。

そして、ハワイ。パスポートはふたりに取ってもらうとして、他の飛行機代から宿泊費、食事代からツアーや滞在費すべてにおいて僕がプレゼントしようと考えている。なぜハワイか、今回の世界一周とはまったく関係ないけれど、僕が初めて行った海外がハワイ。それからなにより、ふたりの新婚旅行がハワイだった。馴れ初めや当時の話なんて一度も聞いたことはないが、ハワイに行ったことだけは知っている。グアムなんかは行ったことがあるのかもしれないけれど、おそらく両親にとっての思い出の海外はハワイなはず。だからこそのハワイ。世界一周の旅と決めて自分が海外へ飛び出た、それを見守ってくれている両親の3人を繋いでくれるマスターピース。何泊するか何するとか、正直どうでもいい。ただのんびりと暮らしたい。陽が差し込めば起きて、風を感じて、夕日を見て、少し夜風に打たれながら星空の下で寝る。そんな平和な時間を何日か過ごしたい。これは本当に僕の中で大きな大きな夢である。そのためのお金は日本の口座に置いている。もうかれこれその口座を作って5年以上は一切手を触れていない。時々チェックしては「このために今がある」と自分を奮起させている。「実家」と「ハワイ」。これが世界一周の旅の最終目的地。その時までにもっともっといろんな経験を積んで、両親が僕の名前につけてくれたように、大きな樹になれた自分の姿を見せたい。大好きなふたりのために。

↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.