僕が出会ってきたひとから感じるオーストラリア・ニュージーランドとカナダのワーホリメーカーの違い。(英語の捉え方・人との繋がり方編)

前回の続きで、次は英語に対する捉え方。やっぱりカナダのワーホリを選んで来た子たちは、「英語の発音が綺麗だから」と、とても意識しているので、みんな綺麗な英語を使っているように聞こえる。オーストラリアで出会った仲間は、そこにはそれほど重点をおいていないと見受けられた。まぁバックパッカーたちやから当然といえば当然だが、語学学校に通っていた子たちも同じ印象を受けた。僕の個人的な感想だが、これからワーホリを考えるひとがもしこの記事にぶち当たったら・・・発音、全然重要じゃないから!!オーストラリアは訛りがあるとかいうけれど、フィリピン留学を発音を懸念して見合わせた子がいるのも知っているけれど。

まず、話せないのに発音どうこうではない。自分がそうやったからよくわかる。これは僕個人の考えだが、発音綺麗で全然話せないのは正直ダサい。ジャパニーズイングリッシュの発音でもペッラペラのペッラペラに話せる方が心底羨ましい。それからオージーとキウイとカナディアン、普通に会話するからね!!当然そこにイギリス人、アメリカ人も輪に入って普通に談笑するからね!!それからそれから、そこにドイツ人、フランス人、イタリア人、中国人、日本人、韓国人、アルゼンチン人、インド人、みんなそれぞれのアクセントや訛りがあるけれど、全員で会話するからね!!・・・ちょっと勢いつきすぎた。どこまで突き詰めるか、なにを目標にしているかで変わってくるやろう。よっぽどビジネスの世界で大きく羽ばたきたいひととかやったら綺麗な英語は必要かもしれない。でもそれ以外のひと(僕みたいないろんな国に行きたくて、とりあえず英語でコミュニーケーション取れるようになりたくてみたいな)は、そこを気にすることほど無駄な労力はない気がする。特にカナダ、アメリカ、それからオーストラリア、ニュージーランドも世界中から人が集まって、みんなそれぞれの英語を話す。誰も気にしてない、そして、みんな通じ合う。それが世界でいちばんの共通言語である英語の魅力というか、使い勝手の良さやと思うから。もし伝わりにくいと感じたら、ジェスチャーも使えるし、話の流れっていうのは万人共通で推測するわけやから、明かりのライトなのか右のライトなのかくらい、流れで伝わる。未だに英語が全然できないけれど、少しずつ外国の友達もできて、ローカルでも働けている僕の勝手な意見ですがね。

最後に人との繋がり方。これは「僕と」とか「旅好きと」とかの前置きが必要だろう。でも、話したいから話そう。バックパッカーの周りにはバックパッカーが集まるし、シティライフの周りにはシティライフが集まる。カナダで出会ってきた知り合いは「ザ・ワーホリ」って感じの、海外生活に憧れて、世界でいちばん住みやすい国・都市でおしゃれに楽しむという、誰もが思い描く理想の海外ライフを送っているひとが多い。よって、日本人よりもカナディアンや異国のひとたちとの時間をカジュアルに楽しんでいる。オーストラリア、ニュージーランドは国籍関係なく、旅の話で盛り上がり、行った国々、東南アジア、これから行く国、旅のルート、国内のルートが共通項の話題。グッと距離は縮まり、繋がっていく。カナダはとても淡白で浅く広く感じる。おそらくこれはバンクーバー、すなわち東京なんかに住んでいるようなものやからでしょう。そこでそんな暑苦しい関係求められてもなってのはよくわかる。もちろん十人十色。合うひと合わないひとがもちろんいる。一回一回の出会いは奇跡の連続で、一人として同じことはないわけやから一概にはいえない。でもそれでも僕は、その奇跡の連続である一回一回の出会いから、ずっとずっと繋がっていけるようになりたいと思っている。まとめがおかしいが、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、今のところ僕が感じている違いでしたとさ。

↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply