1月21日 レインクーバーではなく、チャイナクーバー。もしも我が大好き地元の大阪がバンクーバーみたいになったら・・・?”稼ぎたい”よりも”その場にいたい”最高の仕事環境。

Jan 21。

バンクーバー。雨の多い冬はレインクーバーとも言われるが・・・。もうひとつの顔は、なんといってもチャイナクーバー。冷静に周りを見渡して、改めて、改めて、あーーあ改めて思った。なんぼなんでも中国人多すぎるぜ。んで、きっとそのうちの半分くらいはどう見ても英語話せないぜ。すごいよな、移民の国とかどうとかもう関係ないやん。チャイナやん、チャイナ。ちなみに「バンクーバー」は「晩香波」とか「温古華」とかちゃんと漢字表記があるみたい。でもぼくから言わせれば「板腔馬」みたいなヘンテコリンな感じでええんちゃかな的な。「膀胱炎」的な素敵な語呂やん。・・・。・・・。あ、あくまでこの中国人の圧倒的な比率に対してのイメージね。バンクーバーの街自体にネガティブなイメージは全然ない。ちょうどいいコンパクトシティやし、図書館に日本語書籍あるし、お気に入りのカフェあるし。

でも、ほんまにどこの国にもチャイナタウンがあって、中国人ってウヨウヨしている。ちょっと気味が悪いくらいに。行ったこともない中国がどんな生活環境だとか、どんな街並みかだとか、そんなことは全然知らない。政治がどうとかもわからない。でも、なんぼなんでもちょっと怖いかな。僕の観点からは、カナダ含め、それぞれの外国の一部に彼らは中国を創っている。そこでは中国語が公用語だし、英語は必要ないように映る。2013年5月以前の僕が日本にまだいた頃、我が最高の地元”大阪”の心斎橋なんかも中国人で溢れていたイメージ。今はどうなっているのだろう、白人や黒人も増えてきているのだろうか。それともやはり中国人がさらに増えているのだろうか。この前Mt.Seymourの長年のシーズンパスホルダーであるカスタマーとリフトに一緒した時に話してくれた。「バンクーバーはいい街だよ。住みやすいし、こうやってスキー場にも簡単に毎年足を運べるからね。でも、僕は中国人が嫌いだ。これ以上増えてもらうのはごめんだね。いつか日本に行きたい。君たち日本人は本当に親切で謙虚で礼儀正しいひとばかりだ。でも奴らは嫌いだ。うるさくて横柄で。おっと!ここだけの話だよ。僕はレイシストなつもりはないんだ。でもどうしても言いたいんだよ。」って。僕も思う。仮に地元がチャイナタウン化したらどうだろう。・・・率直に嫌だな。うん、嫌だ。

今日のカフェ、店のサイズ感や内観はすごい好きやったけど、モカの味は△やった。もう行かないな。体調が戻った気がしていい感じ。仕事のオープンシフト(誰でも自由にTakeできるシフト)が出ていたので、金曜日のナイトシフトも働くことにした。明日から6連休。今週は雨でオープンしなかったり、早めにクローズしたりで、あまり順調に稼げなかったので張り切っていきましょう。実は先週と先々先々週くらいにもオープンシフトが出ていたんやけど、先の約束を優先してしまって働かなかった。ちょっと後悔している部分もあったので、今回はバッチリ取ることにした。たとえ自分が滑られなくても、山にいること自体が好きだ。稼ぐ稼がないよりも、そこにいたいかいたくないかが先に来る。んで、そこにいたい。その時間が好きだ。だから山に行く。給料が入る。こんないいことってないよな。移動時間に読書できて、仕事中にリスニングの練習できて、同僚はみんな優しくて、お客さんもみんな笑顔で・・・。僕にしたら一石5鳥くらいのいい気分にしかならない。残り3ヶ月をきっただろう、この大好きな仕事。最後まで有意義に過ごそう。

IMG_5990.jpg
モカ。

IMG_5993_20170122122115d60.jpg
ほうれん草が好き。

ブルーベリー、美味すぎる。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply