2月4日 図書館に読みたい本がなくなってきた、バンクーバーでの読書月間を振り返る。数年前にブログに連絡をくれていた子とバンクーバーで会いました。

Feb 4。

読書を再開して1ヶ月経った。自分の心境の変化は歴然で、明らかに思考は”目指すべき姿”に近づこうとフル回転している。人間磨きに関しては、日本を離れる2013年5月までにしこたまインプットしてきた。もちろん当時はアウトプットも同時並行。仕事の合間、休日、フル回転で数百冊の本にかじりついてきた。そして、十分ではないにしても海外生活を始めるにあたって、今度はアウトプットをして、少しでも誇れるような自分でいようと考えていた。このタイミングでまた読書を再開できたのには、とても意味がある。3年以上読書から離れていたことで、その部分の脳みそを動かすことが少なかったり、感覚が鈍っているはず。英語の勉強しかり、インプット・アウトプットの繰り返しで成長できる。人間磨きは英語の勉強と比べ物にならない一生続いていく勉強。インプットしたものをアウトプットして表現し続けてきたこの数年。たとえ数ヶ月であっても、またインプットの期間を持てるのは嬉しい。ここでの読書生活がカナダワーホリを終わってからの次のステップへの土台となる。

ただ楽しいだけの時間はいらない。いや、たまにはもちろんほしい。いや、結構ほしいと思ったりもする。しかもこういう人生にうるさめな自分が、人付き合いを邪魔することは知っている。まぁでもそんな引き出しをうまくコントロールできるほど器用でないしね。それでいい。それがいい。その場限りの付き合いよりも、真剣で深く強い付き合いがいい。真正面からぶつかれる関係がいい。日本や海外で奮闘している大切な尊敬する仲間もステージを上がっていっている。自分が尊敬しているひとたちに食らいついていく。それが楽しい。ただ海外にいるだけではダメ。感性が優れていればいるほど、そこから得られる経験値はでかい。でっかーーーーーい経験値を欲張るのだ。外は今日も雪、バンクーバー寒し。

今日はオーストラリア・ニュージーランドにいた時にこのブログを通じて連絡をくれた子と会った。彼は一昨日にカナダに来たばかりで、これからワーホリでのカナダ生活が始まるとのこと。同じ年であり、フィリピン留学からの一連の流れ・プランが似ているということで興味を持って当時に連絡をくれたようだ。優しい好青年といった印象。かなり僕が話していた。言葉に出してアウトプットをする機会を探し求めていたのか、次から次へ言葉が出てきた。ちょっと申し訳なかった。彼は言った。「ここまでワーホリしている人で深く真剣に考えている人はいないね」。褒め言葉として受け取っておこう。そう、またいずれしっかり書くつもりだが、僕はワーホリでの海外生活の時間を人生の一休みとも、楽しいひと時とも、充電期間とも捉えていない。そんな考えを持っている時間なんてない。毎日が勝負。どこまで自分を高めていけるか。自分で調整できるからこそ、より一層自分に厳しくしないといけない。そーゆーもん。あれ?今日も食い過ぎてるけど、それはええの?

IMG_6076.jpg
今日のカフェもいいね。

IMG_6078.jpg
雰囲気良し。

IMG_6080.jpg
味良し。

明日から5連勤いきましょう。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply

2月5日 たかがブログに夢膨らませすぎ。期間満了せずに仕事を辞めるという選択。やることやるための準備。
PREV
NEXT
2月3日 カナダにいながらニュージーランドの仕事をゲット?!バンクーバーにまた雪が降りました。4年ぶりの再会へ向けてラストスパート。