2月26日 ちょいネタシリーズ⑬ホリエモンこと堀江貴文さんが教えてくれた大事な思考。

Feb 26。

堀江貴文さんの本を読んでいると、”自分は稚拙な頭と生産力を持たないホリエモンだな”みたいに思えてくる。そうなると、もはやホリエモンでは決してないのだが。それくらい「わかるわかる!」な考え方がそこにある。好みの言葉に出会った。「わからないことがやらない理由にはならない」。この言葉はズンッと突き刺さる。そう、”わからない知らない”がイコール”やらないできない”には結びつかない。勇気と覚悟。根性論にいきそうなところであるが、もっと前に”わからない知らないが当たり前”の世の中で、それが”できるようになる・はじめて知った"ことが楽しいことなんだ。というより、すべてのことを僕たちはもともと知らない。すごく当たり前のことだけれど、いつの間にか忘れてかけている部分。挑戦するとかしないとかじゃなくて、できるできないとかじゃなくて、物事を始めることでどんどんわかってくる、できるようになっていくというのが自然の理。怖がることなんて、世の中にはほとんどないもんだ。自転車の乗り方も箸の持ち方も魚の食べ方もひらがなカタカナも、最初はなにも知らなかったんだよな。それを知っていくことで、できることが増えてくる。可能性が高まってくる。やろう、知らなくったって。

今日は友達のマキさんがスキー場へ遊びに来てくれていた。休憩時間の30分しか一緒に滑られなかったのが残念だけれど、久々に元気そうな姿を見れただけでもよかった。近々会いましょう、話しましょう。

IMG_6249.jpg
先週の本たち。

IMG_6252_201702271301491c1.jpg
小説もまた良しです。

明日は少し滑ろうかな。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply