2月27日 ちょいネタシリーズ⑭走り始めること、100%なんて全然必要とされていないんだから。

Feb 27。

なんでもそう、スピード感が大事。100%を目指すのではなく、20%でもまず始めること。スタートラインに立つじゃなくて、実際に走り出すこと。立ち止まる言い訳にそんな必死になるな!って自分に言い聞かせる。アイデアや書き残しておきたいことが山ほど溜まってきた。確実にバンクーバーにいる4月末までにすべてを捌けるように進めていく。その時浮かんだナイスなアイデアや言葉、考えが、1ヶ月後に同じニュアンスで自分のピントに合うカタチのまま表現できるはずがない。行きたい場所、これからのスケジュールが定まっては消え、定まっては消えている。受験勉強や英語学習中に何度も聞かされた忘却曲線。大学受験で勉強したモノたちは、もう頭のはるか奥深くのブラックホールに飲み込まれていて、この先出てくることはないのだろう。日本の大学受験は受験のためであって、人生のためではないからそれでいい。その時の自分の根性や集中力は身体に染み付いた。そこだけでいい。さぁ今やれることを最大限進めていく。これからやりたいことにトコトン集中していく。仕事でもないのに、なぜここまで書くことが好きなんだ。でも読書感想文は、目を閉じながら本をパッと開いたページをそのまま写して、ここがよかった!みたいな超テキトーなことしてたな。芥川龍之介の羅生門と夏目漱石の坊ちゃんは当時のぼくには難しすぎた。なぜこんなに旅が好きなんだ。高校の自転車通学の初日、1時間かけての帰り道はあんなにもお母さんが恋しくて急いで家に帰ったのに。

明日でこのちょいネタシリーズも終わる。最近考えることをサボってたから、またしっかりせんと!


おもしろ深かった。

なんかいっぱいいっぱいな近ごろ。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply