バンクーバーのカフェ・レストラン紹介第15弾は、”Steamworks Brew Pub”と”Dinesty Dumpling House”

バンクーバーのカフェ・レストラン紹介第15弾は、”Steamworks Brew Pub”と”Dinesty Dumpling House”

今回はバンクーバーでいま注目されている地ビール産業のトップに位置するようなパブと中華レストランの競争でトップを追随しているようなレストラン。人気店には人気店の理由たるものを非常に感じさせてくれる良店だった。良いものは良い!ってことでストレートに名店に行くのは気持ちがいい。

・Steamworks Brew Pub
ウォーターフロント駅すぐ隣にある醸造所Brewery。バンクーバーにいれば一度は必ず見るお店。店内の広さに圧倒されながら、さらにはそのあまりの繁盛ぶりに打ちのめされる。地ビール産業が上り調子のバンクーバーでもやはり異質な人気なのかもしれない。ここのIPAは本当に美味しくて飲む価値がある。大きい方のグラス一杯で充分ホロ酔いになれるし、また雰囲気が凄まじくお洒落。

IMG_6547.jpg
外観。

IMG_6548.jpg
内観。

IMG_6550.jpg
内観。

IMG_6554.jpg
内観。

IMG_6555.jpg
内観。

IMG_6556.jpg
IPAビール3連発。

・Dinesty Dumpling House
ロブソン通り沿いにある中華レストラン。中華のイメージとは違ってかなり清潔感がある店内で、しかもかなり広々している。油感はまるでない。大人気店で平日18時半前に着いた時にはもう順番待ち。中の上あたりの値段設定か。小籠包、餃子、春巻、焼飯などどれもピカイチの味でザ・中華の味を提供してくれる。バンクーバーでアジア料理を食いたくなった時には筆頭候補に考えてよし。

IMG_6540.jpg
焼飯。

IMG_6541.jpg
小籠包。

IMG_6542.jpg
餃子。

IMG_6543.jpg
チキン。

中華といえば・・・王将で決まりでしょ!?
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply