4月1日 文字通り、泣きじゃくった経験はありますか?。今年の残りも流れに身を任せながら。鼻バグりそう。

Apr 1。

無心で訳が分からないままに泣きじゃくった経験がある。人生に1度だけ。高校バスケ部時代。内容はうまく書けないし、この際どうだっていい。ただ家に着いた瞬間になにかが爆発して、廊下で何もかもが崩れてグチャグチャに泣いていた。母親がぼくを抱きしめてくれながら「大丈夫やから」って、何度も何度も言い聞せてくれていた。どれくらいそうしていたかは覚えていない。ただ母親の胸を借りて泣いた自分を、どこか客観的に今でも鮮明に覚えている。あの出来事は今でも自分の捻じ曲がった部分、反骨心や愛情みたいな善悪どっちにも影響しているのだろう。百田尚樹さん著の「ボックス!」を読んで、少し反芻していた。

2017年の3ヶ月目が終わり、4ヶ月目が始まった。今年が順調かどうかはわからない。気持ちを高く保ちながら、流れに身を任せて進んでいけばいい。なにが起きたって準備はいつもできている。強くなってきているはず。ドシッとしておこう。そんなこと言いながら精神は綱渡り状態。不安や。でも不安があってなんぼや。

においの免疫がすこぶる弱くなっている。特に海外にいるとみんな体臭きついから余計に。鼻が毎日もげそう。ほぼ全員が真夏の満員電車のおっさんみたいなにおいする。鼻の両隣にすげー良い匂いする小人の妖精が住んでいてほしい。いつか自分もそんなにおいになってしまうのか。つらすぎるやろ、それは。

IMG_7242_20170402034632d11.jpg
カフェの壁。

最近、本でよく泣いてる。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply