4月24日 バンクーバーのイングリッシュベイ、評判どおりの素晴らしい夕日でした。ロマンティックや。

Apr 24。

夕方、イングリッシュベイに夕日を見に出かけた。半年もバンクーバーに滞在していて、ここに来るのも初めてだし、それこそゆっくりと夕空を眺める時間ってのも初めてかもしれない。ニュージーランドにいた時はどうだろうか、それよりも前のオーストラリア、日本にいた時まで遡ってもどうだろうか。なんにも纏わずにただそこにいる時間というものを作っていたのだろうか。人の心を豊かにする要素の1つに、間違いなく素晴らしい絶景に溶け込むということがある。今日は久しぶりにそんな時間だったように感じる。1時間でも30分でも10分でもいいから、こういう時間をもつことで、一瞬で心を揺れ動かせられる。

時間は戻って、昼間はバンクーバーで仲良くしてくれたひとりのまなみちゃんとカフェへ。いろいろ悩んでいたり、でも楽しんでいたり。言葉の端々には不安が聞こえるが、実際の表情からは割と充実感が見え隠れしていたりする。1ヶ月強ぶりに会って、自分はどう映っただろうか。少しでも上向きに変化し続けていると嬉しいんだけれど。残りのバンクーバーも満喫してください。

人柄、言動、容姿、タイミング、状況・・・すべてのあらゆる要素が入り混じったなかで、自分にとって「忘れられない」「繋がっている」「いつも心にいる」ひとと巡り合っていく。すごく烏滸がましい想い、自分は誰かのそういうひとになっていきたいという強い想い。どこの誰でもいいから、自分のことを心に残してもらえるような存在になっていきたい。僕の人生の中で、今でもずっと尊敬やいろんな想いを馳せているひとたちは、人間的にとても魅力的だった。自分はそんなに丸くない。それでも、そうありたい。ものすごく人が好きで、人一倍寂しがりで、誰よりも心の暖かさを求めているのが、自分なのだろうから。

IMG_7817.jpg
バンクーバーっぽくないカフェ。

DSC02082.jpg
スカイトレインから見えるやーつ。

DSC02086.jpg
散歩開始。

DSC02093_20170426035936471.jpg
ひとを入れた写真ハマってるんやろな。

DSC02096_2017042603593876b.jpg
これもやし。

DSC02112.jpg
有名なやーつ。

DSC02123.jpg
めっちゃ人おる。

DSC02129.jpg
沈む瞬間。

DSC02133.jpg
またひと入れてる。

DSC02139_201704260359561ed.jpg
時間です。

DSC02144.jpg
戻ってきて、

DSC02147.jpg
手前の帽子は僕的にない。

DSC02149_201704260407333cd.jpg
こっち方面もよし。

DSC02174.jpg
Granville Street。

DSC02187.jpg
W。

DSC02195.jpg
サイエンスワールド。

仕事がないと、すっかり夜型。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply