バンクーバーのカフェ・レストラン紹介第22弾は、”Musette Caffè”と”Yaletown Brewing Co.”

バンクーバーのカフェ・レストラン紹介第22弾は、”Musette Caffè”と”Yaletown Brewing Co.”

今回の滞在期間中ではおそらく最終だろう、バンクーバーのカフェ・レストラン。バンクーバーっぽくないカフェとバンクーバーらしいブリュワリー。どちらもダウンタウンど真ん中から少し離れていますが、ゆったりとしていて雰囲気がかなり良くて楽しめる場です。

・Musette Caffè
Burrard通りを下っていったところにあるカフェ。店内は自転車。バイクからウェアからたくさんの自転車グッズが飾られている。全然バンクーバーっぽくない感じ。天井が高くてスペースもかなり広いので、居心地よし。コーヒーの良し悪し関係なく、毎回のラテアートをすごく凝ってくれる。おそらく地元の人ばかりで、アジア人はひとりも見なかった。バンクーバーで海外感覚。

IMG_7805.jpg
外観。

IMG_7817.jpg
内観。

IMG_7814.jpg
内観2。

IMG_7806_20170427033940ef4.jpg
ペイストリー。

IMG_78152.jpg
モカ。

・Yaletown Brewing Co.
Yaletownイェールタウンのど真ん中にあるパブ。入り口を入るとパブ側とレストラン側に別れている。レストラン側の方がBGMは小さめ。クラフトビールはもちろん、たくさんの種類のビールを提供している。割と賑やかで忙しい雰囲気もあるけれど、ビール片手に話すぶんには問題なし。ひとりで飲みにきている人もたくさんいて、アクセスもそうやし、入りやすいパブ。

IMG_7835.jpg
外観。

IMG_7838.jpg
内観。

お酒は強いのと弱いのどっちがいいんでしょう。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply