6月21日 ここまでの海外生活で両親を連れて行ってあげたい場所。南米13カ国、すべての国を制覇する方法。

Jun 21。

ここまでの旅路で、「両親に見せたい場所」を考えてみた。ケアンズ、僕が働いていたケアンズでいちばん美味しい日本食レストランのHARUKAのオーナーシェフであるミッキーさんに会わせたい。僕の海外生活を過ごす尊重してくれるかっこいいアニキ。ちょうど僕と両親の間くらいの歳だろうか。いつかきっと実現させることにしよう。僕の親は英語が得意ではないはず。それでもゴールドコーストのホストファミリー、ワナカのファミリー、タウランガのバッパーのオーナー、彼らの笑顔に触れてほしい。どこにも悪を感じない優しい笑顔が世界共通であるんだと、肌で感じてもらいたい。タイのカオサンロードを一緒に歩いてみるのも楽しそうだ。わけのわからない世界に連れて行ってみたい。これまで出会ってきた最高の仲間たちに会ってほしい。僕の軌跡を辿ってもらえそうだから。夢の話。いつかきっと。

世界地図、南米を眺めてみる。13カ国、全部まわることはできないのだろうか、いや、できるんやけど、なんかお金とかルートとかややこしいんやろうか。ガイアナ、スリナム、フランス領ギアナとかあんまり日本人が行ってなさそうな国はどうなんやろうか。11月以降の旅が本当に楽しみで仕方ない。中米、カリブ海もどうなるかわからんけど、南米、13カ国、全部制覇できたらおもろいやろうな。

じゅんやさんと少しメールのやり取りをする。選ぶ言葉の枠組み、熱量、立ち位置、こんなにもいい意味で居心地のいい相手はいない。自分が熱くなればなるほど、同じ熱量で反射してくれる。こういうのを会話っていうはず。もっともっとやらんとあかん。いつもありがとうございます。

IMG_8393.jpg
モリ食い。

仕事の調子が良かった。
↓クリックで「いいね!」
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply