7月6日 お祝いムービー拒否。I miss you の意味の捉え方ってひとそれぞれで、すげー表現が難しい。

July 6。

ニュージーランドのスキー場で仲良しだったファカパパファミリーのひとり、香港出身のメイリンの誕生日があった。メッセージはもちろん送ったんやけど、それ以外にちょっとした出来事があった。同じくファミリーの台湾出身のタロからメッセージが届いた。「メイリンに誕生日のお祝いビデオを送るから短いムービーを撮ってほしい」と。ここまでならもしかしたら実行したかもしれない。が、そのあとに「みんなと離れて、いま彼女はオークランドにひとりで寂しがっているやろうから、きっとみんなでビデオを送ったら元気になるはず」みたいな文章が送られてきた。ここで、ぼくはムービーを撮るのをやめた。

自分勝手な考えやし、そんなにいちいち考えなくていいことなんやろうけど。彼女が寂しがっているかどうかは知らない。それに元気づけるためのムービーってあんまり意味がわからない。ニュージーのスキー場でみんなと過ごした時間はかけがえのない宝物。あの時間は本当に楽しかった。だからといって、そこに執着したり、Missの意味が若干違和感ある方向になっているのは、ぼくはあんまり好きじゃない。だからFacebookメッセンジャーのグループトークにもほとんど参加しない。なんか上辺だけの「Miss you」とか「また会いたい」とか、その会話は好きじゃない。

いちいちうるさいのはわかっているんやけど、時にこういう自分の部分が冷え切っているとは思うのだけれど、それでも120%でその時間を楽しんだから、やっぱり次の出会いが楽しかったり、その時間があるから今が楽しいってそういう話がしたい。

IMG_8501.jpg
公園でまったり。

単純にお祝いしてあげたいって気持ちやったのだ。
↓クリックで「いいね!」
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply