7月18日 シェアルームの荷物移動にかかる時間は、5分。1ヵ月半ぶりの洗濯でわかった、すんごい化学の匂い。

July 18。

シェアメイトのひとりが日本に帰っていった。そして、シェアルームのオーナーからの要望があって、部屋を一回り小さい方へ移動した。全ての身の回りの荷物を移動させるのに、5分とかからなかった。カルガリーでの生活では着用しないと決めている服は、圧縮袋から外には出していない。毎日必要なアメニティー以外は、ある程度の容量があるケースなんかで小分けしているので、それをそのまま移動させれば終わり。もっと身軽になれるのはわかっているが、とりあえずカルガリーではこれくらいの感じなのかな。それにしても、ベッドがシングルになるだけでこんなにも窮屈に感じるものなのか。

1ヵ月半ぶりの洗濯。ちょっと気づいたことは、シャンプーやリンスもそうだけれど、洗濯洗剤の化学的な匂いにだいぶ鼻がやられるということがわかった。ずっと自分で手洗いしていたので、いい匂いがするわけではないが、まぁ自分の匂いと無臭の間を行ったり来たりしているような匂いだった。湯シャンの体験談を書いているひとたちのブログ記事なんかで言っていることがわかった。化学の匂いがすごい。いい匂いかどうかもよくわからない。僕はもともと匂いに敏感。モノを減らしたい理由の一つに、匂いがある。たくさんのモノで溢れていると、やっぱりひとつひとつのモノにある匂いが混ざって、あんまりいい心地はしない。自然の匂いがいいし、無臭がいいし、自分の匂いがいいし、森林の中の匂いがいい。さて、次の洗濯日はおそらく9月頭かな。

イギリスのYMSビザの抽選結果メールが来ない。これはきっとだいぶめっちゃ100%落選した予感。はて、1月に再挑戦なのかなー。

IMG_8704.jpg
新しい部屋。

レミオロメンがめっちゃ好きやったこと思い出させてもらった。
↓クリックで「いいね!」
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply