9月7日 ヒトもモノも喰わず嫌いを無くしていく大切さ。とりあえず見てみてからでも選べる。

Sep 7。

子どもの頃、トマトや納豆は食べてみて、嫌いになった。そしていつの頃からか食べられるようになった。でも例えば、マクドナルドのハンバーガーに入っていたピクルス、おでんのゴボ天、もずくなんかは食べる前から受け付けなかったような記憶がある。その違いは何か?と考えたら、両親や周りからの見せ方、それに対する言葉なんかがそこにあるのかなっと思ったりする。美味しいとか美味しくないとかの前に、「これは大人向け」的な感じのやつ。喰わず嫌いは結構多かった記憶がある。でもなんでもそうやけど、選り好みは良くないなって最近つくづく思う。

食べ物なら、周りと一緒にその料理の味の話を共有できなかったり、スポーツなら、勝敗以前のルールの話になってしまったり、なんか全部ズレてしまって弾む話も弾まない。僕の場合はちょっと的外れな話になるけど、ひと。かなりの度合いで選んできてしまった。もしかしたらめちゃくちゃ仲良くなれたかもしれないひとも、第一印象だけで蹴飛ばしてきたかもしれない。もったいないかなってちょっと最近思ったりもしている。全部に箸をつけてみて、ひと噛みふた噛みしてみる。一度でいいから飲み込んでみる。それでもやっぱりダメやったらそこで初めて選ればいい。ハナっから無しは、これからあんまり無しにしよう。興味ないもんとかそういうもん以外の話ね。

ワーホリビザから観光ビザへの切り替え申請、イミグレーションから全く反応がなくなってしまっている。9月中旬くらいになったら、一度問い合わせてみようか。

IMG_9014.jpg
映画のチケットget!

携帯電話の液晶が日に日にヤバくなってる。
↓クリックで”いいね!!”
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply