10月6日 旅人と旅談義をしない。役者同士が役者談義をしないのと同じように。プライド。カルガリーいち薄着なヤツ。

Oct 6。

同じフィールドのひとと話すことというのは、あまり面白いものではないのかもしれない。例えば同業者、例えば同じ旅人、例えば同じ芸人・・・とか。その自分が立つ分野には、自分のこだわりや価値観が強く存在する。それを共有・共感しようとすることは場違い。というより、普通に考えれば不可能。いまの僕の場合は、旅だったり海外生活だったりブログだったり。この分野の話を共感してもらおうなんて、同じようなフィールドにいるひとには思わない。それにできないとわかっている。もっと言えばそれ以上に共感を求められるのも辛かったり、しょーもなかったり。とやかく言う・言われることではない。

自分のフィールド、自分の旅、いつだってひとりであること、いつだってひとりでいられることが僕にとっては重要。自分がいま立っているフィールド、入り込んでいる分野には、それ相応のそれ以上のプライドや想いが強くある。自分の旅に関して言えば、どんな旅人よりも強く想いを乗せて話ができると自負している。そこにたぶんシナジー効果は生まれないし、そもそも求めてはいけない。だからきっと必要最低限の情報交換以外、旅人と旅の話なんてしなくていい。背中が語る。オーラが物語る。旅人とはそう言うものでお互いをわかっていくものなのだろう。と勝手に思っている。

めっきり寒くなってきたカルガリー。最近のカルガリーでたぶん薄着野郎トップ3には入るんじゃなかろうか。暑がりで寒がりな欧米人には負けない。別に張り合う必要ないのだが。そう言えば、高校時代も学校で一番学ラン着るのが遅いやつを目指して、3年3勝やった気がする。我慢強い性格、時として全然必要ないんやけど。ことこの衣替えの季節には特に。

IMG_9177_201710100752090a0.jpg
シェアハウスのバスケリング。

カルガリー生活残りちょうど1ヶ月。
↓クリックで”いいね!!”
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply