10月30日 人生の時間との関わり方、気持ちとは裏腹に。求めてしまっていること。カルガリー、冬突入。

Oct 30。

人生ってほんまにおもしろいなーって感じる。アクティブに生きたい!っていう時期には、あまり波長の合うひとと出会わなくて意外に静かな時間が流れていたり。逆に、落ち着いた時間を過ごしたいと思っているタイミングで、起伏の激しい出来事や人に出会う。じっくりゆったりしたい気分やのに、えらくアップダウンの激しい気持ちにさせられてしまう。これら、外的要因・内的要因どちらからもあるのだが。あと1週間。A.Jももがいてるって。立場も時間も場所も感覚もなにひとつ重なる部分はないけれど、それでも、負けるもんか。

開放感と包容感を身体と心が求めている。優しい空気に飲み込まれたい。どこまでも続く草原のど真ん中大自然、フカフカの緑の上に太陽をめいっぱい浴びながら寝そべりたい。心が通じ合っている感覚を求めている。ぼくが理解しようとしているのと同じくらい、ぼくのことを見てくれていると自然に感じられるような。人と関わっていない時期に感じる切なさを、人と関わっている時間に感じる矛盾。そんなときに思い出したり、つい連絡したくなってしまいそうになる相手はいつも同じだったりする。やっぱりそこにまだ求めているのか。

最終週のカルガリーのカフェジョブ、今週は2日もオフになった。今日最後気になっていたカフェを訪れたので、もうカルガリーでしたいことはなくなった。時間が流れるまま、ゆっくり過ごそう。一気に寒くなって、町に流れるBow Riverは凍っていた。冬が来た。冬が。いろんなことすべて引っくるめて、よくもわるくも”寂しさ”の残るカルガリー生活だったかもしれないな。まだ終わってないけど。頭にいろいろよぎりすぎて、半ば半泣き。半ズボン、今日、町でぼくだけ。えらいノスタルジックな気持ちになっておる。寒さがそうさせているのか、なんなのか。

IMG_9419.jpg
チェ・ゲバラっぽいってわかるかな。

IMG_9414.jpg
店内。

IMG_9412.jpg
コーヒーとメガネと私。

グランドサークルツアーの道険し。
↓クリックで”いいね!!”
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply