FC2ブログ

12月20日 拝啓、旅の話が苦手です。来週からは別のスペイン語学校へ。受け入れて、自分を先へ進めてあげる。

Dec 20。

改めて、思った。旅の話は苦手だ。物価が高いやら安いやら、治安がわるいやらどうちゃら・・・。しんどい、ってかどうでもいい。物価の高さで見たい旅先は変わってしまうのか。治安がわるいという行ったことのないひとの噂だけで旅先は変わってしまうのか。予算はある程度決めていて、節約して・・・これって話の題材にするに値するテーマなのか。旅をする上で大前提ではないのか。そこの無限ループから一向に先に進まない会話。だいたいそういう話は、不満に近いネガティブな空気に包まれている。一体なにを求めているのだろうか。それぞれの国にそれぞれの国の事情がある。文化、思想、政治、思惑、ナショナリティ、それをそのまま受け入れる。それだけで十分楽しいことではないのだろうか。口出しなんてしない。人それぞれ。でも、そこに一体なにが残るのだろうか。せっかくのヒデキさんの美味しい晩飯が台無しになってしまう。早めに退散。家主のヒデキさんや管理人のトモさん、物腰が柔らかくて、決してひけらかさないその雰囲気が好き。それにしても餃子祭り、最高でした。

いま通っているスペイン語学校Mayabを今週で終えて、来週からCommunityというサンペドロ・ラ・ラグーナにある別の語学学校へ通うことにした。いまの学校の4時間と次の学校の3時間が同じ価格。時間帯をも午前から午後に変えることにした。自由な時間だからこそ、外部的要因を持って生活にアクセントをつける。時間のサイクルを変化させることで、自分の五感六感への刺激がまた変わってくるはず。慣れが生じる一歩手前で、自分から能動的に変化をつける。プラスの間に、次のプラスの道へ渡っておく。正のサイクル。これで1月1週目まで、とりあえずスペイン語学習は問題なく突き進めるはず。

ひょっとしたらと予想していた時間がやってきた。素敵な旅人たちはみんな宿から旅立っていった。受け入れる。受け入れて、一歩先へ自分を進めてあげる。スペイン語の勉強において、うってつけの時間。宿主のおふたりがいつでもパワーをおすそ分けしてくれるから、そっと寄り添って、勉強に励む。いい時間。

IMG_0124.jpg
学校内の休憩所。

IMG_0125.jpg
学校の入り口。

IMG_0127.jpg
裏道。

顔晴れ、自分!
↓クリックで”いいね!!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply