12月21日 人は”変わっている”のではなく、それぞれ”違っている”だけ。kamomosi飯が美味すぎることの代償。

Dec 21。

誰かと対峙する。もはや”変わっている”という表現というがおかしいと思うようになってきた。ひとそれぞれ、ひとりひとりそれぞれ、変わっていて当たり前だから。「あのひとは変わりもん」という考え方は、本来ないのだろう。一般的に、とか、常識的に、の概念がそもそも勝手に創造されてしまっているものだから。そういう考え方を持ったひと、そういう行動をするひと、そういう見方で人のことを見られるようにする。もっともっと自然に、もっともっと受け入れる。

なにもない時間を楽しめる国は、発展していかないのだろう。と、ここグアテマラのサンペドロ・ラ・ラグーナの町を歩きながらふと感じる。することがなくて、ただ家の前にボーッと座っている。友達と話していると知らぬ間に時間が過ぎている。そんな時間をきっと彼彼女らは楽しんでいるし、それが日常化している。日本は、何かをしていないと”いけない”とか、そういう考え方になっている気がする。文化・国民性いろんな違いを感じるのはとても興味深く、面白い。

空腹よりも満腹がツライ。最近、晩飯が美味しすぎて、明らかに食べ過ぎている。翌日の授業が集中できないのは、おさまらない満腹感から来ているのは、普段から自分の身体に意識を向けているので良くわかる。眠気が続くのも満腹感。胃腸を働かせるためにいろんな組織が集中しすぎて、他の機能を鈍化させてしまっている。ヒデキさんの飯が美味すぎるからか・・・しかし、食べたい。目一杯食べる幸せを久しぶりにとことん感じていたい。折り合い、つけましょう。

IMG_0154.jpg
kamomosiのワンコ、名前はカフェ。

IMG_0153_20171223080918eca.jpg
食べもの持ってたらすぐ来る。かしこ。

あと2日でひとまず2週間のスペイン語学校終了。
↓クリックで”いいね!!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply