12月30日 例えば、日本→アメリカ→オーストラリア→ドイツ→タイ→アルゼンチンへと旅を続けることの何がおかしいというのか。

Dec 30。

「このあとのルート、どうするんですか?」の質問に答えてみる。「方向、逆じゃないですか?」「遠回りじゃないですか?」「変わったルートですね。」という返答をしばしばもらうこともある。んー。うん。旅のルートに絶対ってあるのかな?って。日常生活も旅も、というより世の中の何もかもが、考えるまでもなく”こういうもん”みたいな事柄で溢れている。一歩だけでいいから立ち止まって、頭の空っぽな部分に思考を張り巡らせてみる。旅中なら、この国の次はここになぜ行くのか?とか、このルートを辿るのがいいのか?とか。そこに決まりはない。そう、決まりなんてないのだ。柔らかく、柔らかく。呼んでくれていると感じる、その場所へ。ただ、流れに乗って。

世界を旅している。東回り、西回り、縦断、横断、そんな言葉をよく耳にすることがある。この概念自体が必要ないってわかっていることが僕には大切だったりする。その時点でまずひとつの制限がかかる。フライトチケットもそう、安いからという理由はとても大事だが、前もって予約していることでまたひとつの制約となってくる。いつまでに帰国という概念も同じく。解放してあげるように自分からしてあげないと、どんどん周りからカゴへおびき寄せられ、窮屈な感覚を持たざるを得なくなってしまう。もちろん、それはそれで必要。お金の問題もある。社会の一員として貢献するには、やはり避けては通れない部分もある。それでも、意思・意志・目的・意義・意欲、そんな不確かなモノを強く持ってさえいれば、僕は大丈夫だと自分で勝手に思い込むことに決めている。信じるってこと。

明日、やりたいことリストを新調することにする。感覚的にだけれど、だいぶ中身が変化しているように感じる。少なくとも"〇〇に行きたい、△△が見たい、××がしたい"は優先順位がかなり下がっているかなって。それよりも"□□でありたい"みたいな、やりたいことなのに、なりたいことばっかりが頭をよぎってしまいそうな。面白い巡り合わせで、ちょうど2017年12月31日大晦日。来年もまたグーンと成長できる1年になりそうだな。なぜ明日やるかというと、今日はなんだかのんびーりしたい気分だから。ここサンペドロ・ラ・ラグーナを離れる時が着々と近づいていることを感じる。スペイン語、全然readyではない。それでも、行かなきゃいけない。何かに呼ばれているような気がする。

IMG_0265.jpg
学校からのいつもの風景。

IMG_0270.jpg
激烈うまうまチャーハン。

IMG_0272.jpg
カフェ。

大晦日、まったりと、じっくりと。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply