12月31日 シャイなわけがなく、本当は超オラオラな日本人。ゆみちゃんとデート。大きく変化をくれるサンペドロ・ラ・ラグーナ。

Dec 31。

自撮り棒やInstagramが普及したことで、格段にshow offな風潮ができあがった。日本人のtypicalは、本当はどんな性格と表現するのがしっくりくるのだろうか。shyというのはかなり的からズレているのではないかなーと思ったりする。本音は"見てほしい、認めてほしい"という願望がとてもとても強い。表と裏はおそらく世界でいちばん激しいだろう、旅をしていて強く感じる。Facebookではそれは感じなかった。Instagramでは、最初からそれを驚くほど強く感じた。知れば知るほど、多面的に日本人が見えれば見えるほど、ちょっとこわいなーって思ってしまう自分。絶妙な距離感があって、不器用な自分は、そこに辿り着くまでに時間がかかったり、はたまた到着できなかったり。

午後、ゆみちゃんとカフェでまったりデート。ゆったりといろんな話をした。小さくて恥じらいの残る優しい表情とは裏腹に、すごく活動的で強い女性。旅の仕方は全然違うけれど、とても勉強させてもらえる存在。それから、仕事への考え方や思考のところどころに共通する部分を感じる。とても話しやすい雰囲気を与えてくれる。今日もまた日が暮れるまで。ここを離れた後はおそらく日本で、というのが現実的だろうけど、また必ず会いたいひと。いつもありがとう、2017年の最後の日、大切な想いなんかを語り合える時間をもらうことができて、とても嬉しかったです。サンペドロ・ラ・ラグーナでの幾らかの素敵な出会いによって、日本人とも出会うことの魅力がどんどん増していく。

夕飯、ヒデキさんがプチ御節料理を出してくれた。甘えているわけではない、ここでのこの生活にただただ幸せを感じていて、ただただ今の時間を大切に感じている。”人との関わり方”という面で、ここにいるこの数週間で劇的に変化してきているように、なんとなく感じている。ヒデキさんの考え方から学ばせてもらっていること、それからここで見る旅人たちから感じるもの、とことん話す素敵な仲間から得るものによって。2018年1月1日、新年は散歩しながら迎えた。この町らしいなんとも愛想ない花火の音と、喧しい爆竹の音に紛れ込みながら。午前1時30分、ようやく近所の子どもが家の中に戻った。僕も寝ようかな。楽しくなりそうだなー。

DSC06032.jpg
ええ写真。

DSC06037.jpg
Iglesiaの前。

DSC06043.jpg
ツーリスト通り。

DSC06049_20180102012820146.jpg
今日は賑わっている。

DSC06045.jpg
その裏では洗濯しているひとたち。

DSC06052.jpg
El Cruce cerca de embarcadero。

DSC06056.jpg
おばちゃんとバスケしてる子と。

DSC06055.jpg
良き1日でした。

良いお年を。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply