FC2ブログ

1月16日 シャワーも着替えもしないまま。また日本人にこだわっていた自分。メキシコシティ北バスターミナル。グアナファト到着。

Jan 16。

いつかこんな日が来るとは思っていたけれど、想定よりだいぶ早いこのタイミングでやってきた。1日歩いたその身体にシャワーを浴びせず、服を着替えることすらなく、そのまま寝床に伏せる。顔すら洗っていない。日常にやってくる幾らかの作業がとても億劫に感じる。その理由は「必要性が本当にあるのか」という疑問から。面倒くさいから、ってだけではない。ほとんどのひとが理解してくれない持論がまたここに存在する。いつも常識や当たり前を疑っていきたい。ゼロベースにして、いちいちのコトに意味や意義を見つけていきたい。こんな話を娑婆で盛り上がってくれるひとには、なかなか出会えないんだが。

グアナファトへ向かうバスで書いている。サンペドロ・ラ・ラグーナで素敵すぎるたくさんの出会いがあって、どこか求めて日本人宿をサンクリストバル・デ・ラス・カサスとメキシコシティで利用した。今日からのグアナファトとサンルイス・ポトシでは、また今までの自分に戻って、安宿のドミトリーで過ごすことにする。求めていた。かなり期待して求めていた。いちばん今の自分が捨てるべき思考。そこに泊まるひとのほとんどが求めているのは、情報と安心感。何回も書いて自分に言い聞かせているはずなのに、ふと気がつけば情けない自分がすぐ顔を出している。中米縦断が終わる頃には、また変化があるはず。

出会ってきたひとたちと写真を撮っておけばよかったのかな、なんて昨晩考えていた。でも、今はまたその思考を手放すことができた。本当に必要なひと、必要としてくれるひととは、ちゃんと写真が残っていると気づいたから。決して多くない、ここがすごくしっくりくる。写真で残っているひと、それから写真を撮り忘れたから今度は撮りたいと思い出せるひとだけでいいのだろう。その場の端的な出会いだけで浅い思い出に戻されるのは、きっと僕の本意ではない。「毎日毎日そんなに考えてしんどくないですか?」と問われた。しんどいかっていう指標で考えたことがなかったので、返事の仕方がわからなかった。

今朝、メキシコシティ北バスターミナル。「A Guanajuato, por favor」「Nombre, aquí por favor」と見せられた画面にナンバーを入れた。Nombreはナンバーじゃなくて名前。思い出して笑えば、スタッフも一緒に笑ってくれた。振り返ると「Hiroki, terminal Uno」とウィンクをしながら方向を指差した彼女は、とても優しかった。またひとつ、小さな幸せをもらったんだな。

長くなっているから今日のグアナファト散策のことは、明日のブログにまとめることにする。端的に言っておくと、この小さな町はとても好きである。

DSC06760.jpg
グアナファト到着。宿からの景色が最高、

IMG_0508.jpg
そういえば、サンクリからシティもこのバスだった。

DSC06761_20180117122938010.jpg
宿の中。

DSC06762_20180117122940f01.jpg
歩いてみる。

DSC06763.jpg
メキシコ人とツーリストのバランスがいい。

DSC06767_20180117122941384.jpg
町もわかりやすい。

DSC06768.jpg
陽が暮れかけで写真が暗い。

DSC06773.jpg
また明日にも撮ることにする。

DSC06774.jpg
明日は丘に登ろう。

DSC06779_20180117122947a58.jpg
お気に入り。

DSC06783.jpg
久しぶりに1人な感覚。

DSC06784.jpg
さらに陽が落ちて、

DSC06785.jpg
夜になった。

DSC06790.jpg
夜でも歩ける町。

DSC06795.jpg
サンクリストバル・デ・ラス・カサスよりも安全な印象。

DSC06800.jpg
ここも良い感じ。

DSC06802.jpg
広場。

DSC06803.jpg
これも良い。

DSC06807_20180117123001877.jpg
暗くなってから外に出るのは元旦ぶり。

DSC06811.jpg
iPhoneは宿に置いて。

DSC06812.jpg
カメラのみ。

DSC06822.jpg
現地人と同じ雰囲気を出す努力をして。

DSC06815.jpg
きっとあんまり観光客っぽくはない。

IMG_0522.jpg
速攻で名前を覚えてくれた。ヒロ連呼。

IMG_0525.jpg
ケサディーヤとブリトーを食らう。

明日もグアナファトでのんびりだな。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply