FC2ブログ

1月17日 写真はないが、数ヶ月ぶりに髪を切った。ゆったりと時間が流れるグアナファト。ピピラの丘からの眺め、ずっと見ていられる。

Jan 17。

先日、髪をバッサリ梳いた。誰も気づかないだろうけれど、本当にバッサリ梳いた。最後に髪にハサミを入れたのは数ヶ月前だろうか。頭が軽く、濡れたあとの乾きがはやい。束ねやすくなり、ほつれた髪も少しはましになっただろうか。いつかのタイミングで、急激に毛先が傷み始めた。1週間に1回のシャンプー、前日にはかなりの油分を髪に感じる。手櫛を何回か通せば、少し掌がベタつく。2週間毎にできるのはいつくらいだろうか、もうかれこれ週一のシャンプーはしっかりと生活に定着した。そろそろ次の段階へいくタイミングか。完璧主義だった自分がどんどん軟化していっている。

昼間は暖かかったけれど、やっぱりグアナファトでも朝晩は相当冷え込む。朝食が付いていないカサなので、午前9時すぎくらいまで布団に潜り込んでいた。グアナファト散策へ。とりあえずぶらぶら歩きながらピピラの丘を目指す。とは言っても、30分もあれば優に辿り着いてしまうほどの距離。思っていた以上に小さい町だな。だいたいメキシコのどこの町もみんなが活動し始めるのは午後から。まだ全然観光客すら登ってはきていなかった。カラフルな街並みは、どこか見ているだけで落ち着くのんびりとした雰囲気。マイアミを離れてから今日まで毎日がずっと快晴。自然と顔が上を向く。

夜にちさちゃんと合流して、ピピラの丘へグアナファトの夜景を見に行く。昼間とはまた全然違う表情で、とても美しい景色が目の前に現れていた。今日3回目のこの丘、昼夕夜どの時間に行っても良い眺めである。町をぶらっと歩く以外、特にすることがないこの町。予約のキャンセルができず3泊することになったけれど、明日もまたゆったりと過ごせばいい。いちいち小さなお金の計算や日数のことに、頭をバタバタと動かしたくはない。流れる空気のまま、自分が作った道も勝手に出来上がった道も、そのまんま流されればいい。感じるだけ。マイナスの要素なんて旅に存在しないのだから。

DSC06876.jpg
お気に入り。

DSC06832.jpg
どこもかしこも綺麗に映える町。

DSC06852.jpg
カラフルな町並み。

DSC06838.jpg
ここで写真撮ってるひと多かった。

DSC06855.jpg
ピピラの丘へ。

DSC06856_201801190149127e3.jpg
細い階段道を抜けていく。

DSC06857.jpg
だいぶ上がってきた。

DSC06861.jpg
振り返れば。

DSC06862_20180119014916867.jpg
途中のポイントからの方が個人的には好き。

DSC06863.jpg
グアナファトの全景。

DSC06892.jpg
サボテンながーい。

DSC06904.jpg
人気のカフェ。

DSC06905.jpg
ここも良い感じ。

DSC06909.jpg
こっちも良い感じ。

DSC06912_20180119014926573.jpg
こういう車がよく似合う。

DSC06916.jpg
グアナファト大学。

DSC06922.jpg
広場。

DSC06926.jpg
メルカド。

DSC06935_20180119014933b6d.jpg
上から。

DSC06944.jpg
メルカドすぐ隣の屋台。

DSC06945.jpg
歩けば写真が増える。

DSC06947.jpg
奥に賑わう場所あり。

DSC06959.jpg
口づけの小道と呼ばれる場所。

DSC06967.jpg
町ぶら。

DSC06974.jpg
良い写真。

DSC06975.jpg
夜景の写真は明日載せます。

のんびーりな旅がスタイルとして定着。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply