FC2ブログ

1月25日 高橋歩さんの本に出会う。中米縦断のルートについて。1日の間で逆転した”寂しい”という感情への考え方。短所を愛する。

Jan 25。

宿でたまたま見つけ、いつぶりかに高橋歩さんの本を手にとってみた。相変わらずシンプルで強くて痛快な言葉で溢れている。いつもは最後まで読み切る読書スタイルだが、今日は途中でやめた。僕にはもう自分の旅のスタイルがあって、それを確認させてもらったような感覚だったから。今のままでいいと思えた。そして、今以上にシンプルでいいと思えた。また少しモノを減らした。もっと身軽になれることを知っていて、それを実行することに決めた。どれだけ減らしてもやっぱりモノが溢れている。そこにはまだ執着がある。寝袋を捨てることになるだろう。オーストラリアとニュージーランドの地図を捨てた。

中米のルートを考える。カンクンに戻った後、海とセノーテでダイビングをしながらユカタン半島を南下し、メキシコからベリーズへと抜ける。プンタゴルダからボードに乗って、グアテマラのリビングストンへ。そこからホンジュラスのプエルトコルテスからサンペドロスーラへと渡っていく。もう少し東側のラセイバへ抜けていくか、立ち寄らずに南下してコパンルイナスやサンタアナを訪れるのか。ホンジュラスとエルサルバトルのルートが定まらない。特にどこかを見たいわけではない。ただ、どちらのルートも魅力的なのだ。バスがあるかないかで決めればいい話か。そのルートは、その時に決めればいい。

本当はすごく寂しいと感じている。誰かに愛されたい、笑顔をもらいたい、好きって言われたい、そばにいてほしい。どれだけ素敵な出会いがあっても、心の中にポッカリ穴が開いていることを知っている。我慢しているわけではない、我慢しているだけ。耐えているわけではない、耐えているだけ。寂しがり屋の自分は、きっとずっとこのまま。自分でどうこうできるものではないコトを、まだ欲しているダサい心のひとかけら。この感情に耐えて耐えて耐えた先に、見えるものはどんな景色なんだろうか。旅に目的なんて必要ない!と高橋歩さんが豪語するように、修行のように過ごす必要もまた、ないのだろうか。

トリニダードへ向かう。ハバナとは全く違う景色が広がってくる。朝から降り続いた雨は止み、晴れ間が差し込む。”地球の歩き方”によく書かれている「牧歌的な」という言葉のニュアンスがようやくわかってきた気がした。カサで晩御飯をいただく。久しぶりのきちんとした食事、野菜に魚。またいつもの癖で、残してはいけまい!と満腹になっても食べ切る。リツコさんに出会う。遅くまで話す。そしてやっぱり、すごく寂しいという気持ちは必要だと、もう一度自分に言い聞かせられた。今日もまたいい出会いになった。自分が話したい時に、話せる相手が自然と現れる。この巡り合わせが、ありがたすぎる。

夕方、少しスペイン語の復習をする。学校へ行かないと、腰を落ち着かせないと、やっぱり自分は怠け者みたいだ。ふたつ以上のことを同時進行できない不器用さは、いつまで経っても変わらない。そんな自分がかわいいと思えるようになったのは、いつからだろうか。苦手なことがあっていい。できないことがあるって人間らしい。完璧じゃないからこそ、愛おしいと思えることがある。明日はトリニダードの町をゆっくり歩こう。何かを見たいわけじゃなく、ただ感じたいだけ。少し強く感じる夜風も、また心地いいと感じる。気分が晴れやかになったからだろう、今日、動いたことがやっぱり正解なのだ。

IMG_0860.jpg
ハバナの宿から。

IMG_0794_20180209213026754.jpg
溜まっていた別日の写真を。

IMG_0796.jpg
カンクンーハバナ間のエアロメヒコの中。

IMG_0799_20180209213029c10.jpg
最高に空が綺麗だった。

IMG_0807.jpg
たくさんの想いが詰まったオーストラリア地図。

IMG_0808.jpg
全て頭と心に刻まれている。

IMG_0844_20180209213033477.jpg
このサイズは飲んだ気にはならん。

IMG_0853_201802092130358a8.jpg
美味かったけど8割骨やったチキン。

IMG_0856.jpg
しちゃえば?

IMG_0859.jpg
たまに開いて頭の整理するノート。

IMG_0862.jpg
トリニダードへ。

IMG_0865_20180209213042dc0.jpg
やっぱカップちっちゃい。

IMG_0866_20180209213044a64.jpg
宿から。

IMG_0867.jpg
晩飯。

IMG_0868_20180209213046c0f.jpg
アイス。

明日は町をぶらぶらと。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply