FC2ブログ

2月12日 Holboxから再びカンクンへ。ポストカード。周りの旅が眩しすぎて。絶妙を手に入れること。寝袋を手離した。

Feb 12。

まだ薄暗い6時半に宿を後にし、名残惜しくもHolboxを離れる。フェリーとバスに揺られて11時前にカンクンへ戻ってきた。相変わらず蒸し暑い。明日にでもできれば海ダイビングを一発ぶち込みたいが、なかなか自分の理想だけのスケジュールになることはない。まぁ余裕を持てってことだろう、どうしても気になってしまっているガイドさんがいるのだから、そちらに合わせる。15日にカンクンダイビングにいけそう。水深10mくらいらしく、オープンウォーターの生徒さんも一緒とのことで、横っちょで自由に中性浮力の復習でもするとしよう。明日か明後日にでも、Tulumトゥルム遺跡にでも行ってみようか。

昨晩、ペドロとダニエルにポストカードをプレゼントした。大好きで堪らない井上雄彦さんが描かれたバガボンドの新免武蔵。日本を出る前に絵画展にて購入し、温めて温めてというより機会がなくて、ずっとバックパックに眠っていた。このタイミングな気がして、簡単なスペイン語でのお例文を添えて。初めての日本人という経験が僕にとって初めてで、なんだかフワフワした気分。取り憑かれてしまいそうだ。いつかまた会いたいなって思うひとがまたできたことが、とても嬉しい。Holbox、もしこのブログを読んでいる方でメキシコを訪れる機会がある方は、ぜひ行ってみてほしい。自分達だけの経験ができる。

今晩の宿のメンバーは素晴らしい。マダガスカルで長期滞在していたあっこちゃんや素敵な生田ご夫妻。素敵な旅をしているひとと話すと、なんだか自分の旅がちっぽけに見えてくる。素敵な話を聞くと、なんだか自分の旅が少し小っ恥ずかしくなる。比べるわけではないけれど、イキイキしたみんなの表情がやけに眩しい。そして、誰かと一緒に旅を楽しんでいる様子をみると、少しセンチメンタルにもなる。本当の意味で意気投合し、マジで一緒に旅したいって思える誰かと旅がしてみたい。これは最近のひとつの夢である。なかなか出会えないことが2つも3つも重なる相棒が、いつか出てきたらそれはまさに奇跡。

できるだけ自分のことを話さないように努める。以前にここで書いた”正確に伝えたい”という気持ちを少し閉じ込めて、表面だけでさらりとかわして、相手の旅話へ戻す。これがいちばんいい方法かもしれないと、少し掴んだ気がする。興味を持ってもらうことは嬉しいことでも怖いことでもあると知る。どこまで踏み込めるかもわからない。旅が長くなり、いろんなことが見えてくるからこそ、距離感というものがとても怖くなったりする。絶妙という言葉を早く習得したい。笑いのエッセンス、真剣な眼差し、独特なオーラ、スピード感・・・いろんな自分の絶妙を習得したい。感覚的な意味不明なものであったとしても。

寝袋を手放した。オーストラリアのラウンドトリップでの毎日のテント生活で、死ぬほどお世話になった。ニュージーランドのスキー場のスタッフ宿でも、アホほどお世話になった。もう少し身軽になりたいという欲求が今は勝った。ありがとう、本当に助かりました。今度必要になった時には、もう少し軽くて薄めのあなたの兄弟をちゃんと見つけることにします。大事に使わしてもらったあなたのように、また次も大事に使います。本当にありがとう、あなたのおかげで暖かい生活がありました。トレッキングシューズをどうするか迷う。中南米を歩いている間に、またそれも答えが出るだろう。12kgくらいになった。

IMG_1187.jpg
さよなら。

IMG_1188.jpg
さよなら。

人生でいちばん良い日焼け感。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply