FC2ブログ

2月17日 アジアンビューティーの圧倒的な存在感。綺麗なひとに弱い。眠りたい、溢れる旅のど真ん中。Tulum、ビーチと町とセノーテと。

Feb 17。

昨晩、深夜午前2時ごろまでサトコさんとお話しさせてもらった。以前にも書いたアジアンビューティーの象徴のような美人で綺麗でカッコいい女性。経歴もぶっ飛んでいて、魅力以外が見えてこない。そんな自分とは次元の違う道を生きている彼女へ、僕は挑戦していく。日頃の自分の考えをぶつける。聞いていただいている表情なんかを見ながら。そして次は待つ、聞く。またどんどん憧れていく。彼女を表現するときに”強い”という言葉でない気がしてきた。”強い”女性なのだが、今まで自分が出会ってきた”それ”とは違う。圧倒的なモノがある。僕には到底理解できるレベルにない、遠くにあるモノを持っている。

自分の口数が増えているのがわかる。楽しんでいるのと同じくらい、焦っているのか。憧れや魅力が強いひとの前で、僕は何もできなくなる。サトコさんにはもっともっと彼女の魅力を伝える言葉を発せられるはずだった。頭の中でたくさん出てきたワードが、なぜか口から出なかった。だからこそ思う、別世界。綺麗な女性に弱い自分が被さる。久しぶりに、こんなにもダサい自分が現れた。本当にいつぶりか。夢の中を生きているように見える。小さい頃から夢見た世界の中を自由に歩いている。無敵。いつ、どこへだって。”すごい”なんて安い言葉で片付けたくない。そんな彼女に”僕”はどう映るのだろうか。

旅を知らない旅人とたくさん出会う。訪れた国、その数、地域、年数なんかでは、そのひとの旅やそのひと自身は見えない。サトコさんがそうであるように、そのオーラや雰囲気・心で、どれほどの旅をしてきたかなんてすぐにわかる。心で感じることができるものだ。何を想い、感じ、見るか。旅を”今日までの旅”で区切り終わらせるのではなく、”明日からもずっとずっと続く旅”へと紡いでいく。振り返るための旅ではなく、未来を明るく照らし、導いていくための旅を。想いがたくさん詰まった、溢れる旅がしたい。こみ上げてこみ上げて、両手で抱えるのに一生懸命な旅がしたい。そのど真ん中に寝転んでいたい。

Tulumトゥルム到着。遺跡には訪れず、ビーチと町を歩いた。それで十分だった。今まででいちばん僕の好きな海の色をしていた。コバルトブルーの色の深さが僕のツボに入り込んだ。明日の早朝にグランセノーテに行くことに決めた。ここから歩いて1時間ということを知って、それで一気にベクトルが向いた。朝の余分な5分多めの支度が、結果的に1時間の到着遅れになる夏休みの家族旅行のように、半日ずつ、それが何日も重なって僕の旅を牛歩と化していく。これがいまの僕の旅だ。iPhone +ジップロックで良い写真は撮れますかね。水没しませんかね。不安だねー。明日の夕方にはベリーズ入国だーねー。

DSC08713_2018021901175362f.jpg
黄と青の組み合わせは良い。

DSC08680_201802190117374fa.jpg
落書き。

DSC08683.jpg
ひたすら歩く。

DSC08684.jpg
ビーチ到着。

DSC08687.jpg
カリブ海ってすげーな。


DSC08690.jpg
子どもたち。

DSC08693.jpg
歩いて

DSC08702_20180219011741667.jpg
子どもたち、その2。

DSC08699_201802190117413e2.jpg
その3。

DSC08696.jpg
今日も風強め。

DSC08704.jpg
ひと多め。

DSC08705_20180219011747afc.jpg
その4。

DSC08706.jpg
リゾート感。

DSC08709.jpg
リラックス感。

DSC08715_20180219011754327.jpg
カラフル。

DSC08710.jpg
ギターポロロン。

DSC08719.jpg
あっちが遺跡のとこ。

DSC08734.jpg
立ち入り禁止の場所に来てみた。

DSC08716_2018021901180642d.jpg
なんか作られてた。

DSC08725.jpg
綺麗なん見つけた。

DSC08743.jpg
TULUM。

DSC08738_201802190119199dd.jpg
TULUM。

DSC08745.jpg
挟んで

DSC08748_20180219011925316.jpg
TULUM。

DSC08742.jpg
土産屋通り。

DSC08750.jpg
大通り。

IMG_1219.jpg
真ん中にアジアンビューティー。

結局セノーテ行けることなったな。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply