FC2ブログ

2月18日 急遽、世界の絶景グラン・セノーテへ。メキシコを離れベリーズ入国。空気感わるくない。ガキ大将は中米の旅へ。

Feb 18。

午前7時、宿を出る。徒歩1時間で向かうはグラン・セノーテ。おそらくユカタン半島のセノーテでいちばん有名どころ。昨日Tulumトゥルムの町から歩いて行けることを知って、急遽予定を変更。ベリーズのオレンジウォークまでの移動時間を考えると、朝のセノーテはうってつけだった。NZのププスプリングスとAUSのビタースプリングスを勝手にイメージ。午前8時オープンと同時に。光のカーテン、確かに綺麗だ。水中での息が続かない。小学1年の水泳教室絶頂期の方が余裕で強い。セノーテからの帰り道、ゆっくりとした足取りで歩き始めた矢先、背後から近づいてきた一台の車から大きな声が聞こえた。

運転席から笑顔の素敵な黒人女性が顔を出して、何やらこちらに叫んでる。「ここのセノーテはよかったか?」「綺麗だったよ!」と答えると彼女は「アリガト!」という日本語で去っていった。頭にハテナマークが浮かびながら歩き始めると、今度は前方から来た車が横に止まった。あれ?さっきの女性ではないか?と思っていたら、「スミマセン!」から会話が始まる。ニューヨーカーのララ。5年前くらいに群馬と東京に少し住んでいたらしい。セノーテを探しているが、ここは高いんだ!と。Uターンしてきた理由は、宿まで送ってあげるためだって。そんな優しさありますか。おかげで朝食食べられました。

昼からは1日バス移動、1ヶ月近く滞在したメキシコを離れてベリーズへ。周りのこの国についての反応は、物価が高い・ブルーホール以外見どころがない・ベリーズシティの治安がわるい、とか。チェトゥマルからの激混みローカルバス、二つのバックパックをなんとか膝下と膝上に抱える。クーラーのない熱気ムンムンの車内。今日の目的地オレンジウォーク、降りたった最初の空気感、わるくない。宿のオーナーのリッキーはとても気さくで優しい。まだ全然わからないけれど、僕はここが好きかもしれない。そして、いま少し調べていたのだが、ベリーズ、興味がある町が出てきた。良い国になりそうな予感。

バスの運ちゃんに、身体が小さいから「Kids Boss」と言われた。誰がガキ大将や。ここ数日ちょっと活動時間が長くなっていて無理している感がある。少し休み休みいくべきかなーと、なんとなくの警告を感じる。リビングストンでゆっくりなんて当初は考えていたが、どこかへ長く滞在というよりは、細かく刻んで無理のない移動にしようかな。ここからの中米1ヶ月は、体力も気力もストレスも相当かかってくる旅になる。無理のないように、果敢になりすぎないように、笑っていられるように。良い人に恵まれると信じ抜く。客引きや騙してくるやつもいる、それでも、良い人に恵まれると信じ抜く。

DSC08755.jpg
セノーテ。

DSC08759.jpg
水中写真は後日もらってから。

DSC08765_201802201012543e8.jpg
いいですね。

DSC08770.jpg
ビジターたちのテンションはすごく上がってた。

28236282_1861042627303654_533197518_n.jpg
ローカルバスの車窓から。

IMG_1256_20180220101302125.jpg
オレンジウォーク到着。

28190874_1861042573970326_593665623_n.jpg
ベリーズナンバー。

IMG_1260.jpg
髪伸びてる。

久しぶりになぜか自撮りしてみた。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply