3月6日 日本に帰国したら絶対にやりたいこと。ブログを読んでくれているそこのあなたへ。ニカラグアの観光都市グラナダへ。

Mar 6。

帰国したらやりたいことが1つある。自分が大事に思っている、自分をよく思ってくれている友達や仲間にとりあえず声をかけて、集まりたい。パーティーがしたいわけじゃない。それは目的の1ミリもない。ただ繋がってほしい。繋げたい。大切な友達、素敵な仲間、そういう自分と線になって繋がっている点と点を線で繋げたい。そこに、とても素晴らしい空気や新しい友情・愛情が造られる気がする。ひととリアルに繋がっていくことは、本当に価値のあること。SNSの中じゃない、リアル。まずはまだ実際には会えていないけれど繋がっていて、会いに行かないといけないひともたくさんいる。楽しみな日本の旅。

最近は誰がこのブログを読んでくれているのだろうか。僕はあなたのことを知っているのだろうか。あなたは僕と直接繋がっているのだろうか。このブログを通すことによって、僕という人間はどんなふうに映っているのだろうか。あなたは旅をしているひとなのだろうか、それとも、これから旅をするのだろうか。いや、旅を終えているのかもしれない。そして、言うならばきっと、僕のブログは旅ブログではない。どちらかと言うと、日々の考察。想いや考えを綴ったダイアリー。全然、旅には関係のないひともこのブログに辿り着いたりしてくれているのだろうか。このブログ、どんなふうに見えていますか?

レオンからエルサルバドルの首都マナグアを経由して、グラナダへ向かう。コレクティーボのバンで向かう予定だったが、バスターミナルで執拗にチキンバスに促され、押し込まれる。エクスプレスだと言われるが、チキンバスにほぼエクスプレス機能はないことを知ってる。案の定、道端で止まりながら。マナグアで降りた途端に、真横にグラナダ行きのミニバスが来る。押せ!と言うから押すが、ドアが開かない。お前はイングリッシュができないのか?スパニッシュだけか?みたいに嘲笑されたから、イラっとして「うっさいボケ」とジャパニーズで軽く怒鳴ってやった。んで無事にグラナダ到着。移動の中身薄いな。

グラナダの街は思いのほか小さい。そして、レオンよりも整然としていて、観光地として作られているのがよくわかる。ツーリスト通りにスクールがあるようで、たくさんの小さな学生が道端で楽しんでいる。ざっと歩いてみる。安心感が半端じゃない。空気感ってのはやっぱりあるのかもしれない。ニカラグアだけじゃなくて、中米は割と年配のヨーロピアンのひとり旅も多い。泊まってきているホステルがそうなのかわからないが、あまり夜中までガチャガチャはしていないのかな。夕方以降に写真を撮ろうと思ったが、明日でいいような気がして、今日はやめておいた。動きの鈍さが変に心地よくなっている。

明後日サン・ファン・デル・スールというサーフィンで有名なビーチの町に寄ってから、9日にコスタリカへ入国することにした。Airbnbをもう一箇所利用しようかって感じで返信待ち。南米のルートが決まらない。いま考えている新しいルートをたどれば、ウユニ塩湖にたどり着けるのはおそらく5月下旬。4月中旬予定からまたさらにズレる。あとはイギリスYMSビザの申請手続きが完了するまでにリスクをとっていいのかどうか。パナマ、君のことをほったらかしっぱなしでほんまにごめんな。今回はちょっと通り過ぎるだけにします。そういえば、今日は学生時代に5年付き合っていた元カノの誕生日だな。

DSC09899.jpg
メイビー。

DSC09901.jpg
イグレシア。

DSC09903.jpg
じゃぺ。

DSC09906.jpg
散策。

DSC09907.jpg
ハンモック祭り。

DSC09909_20180308005132e2c.jpg
これこそ、馬ズラ。

DSC09918_2018030800513342c.jpg
ツーリスト通り。

DSC09919.jpg
ふたりあっち、ひとりこっち。

DSC09921.jpg
追いかける。

DSC09923_20180308005138e42.jpg
慌ててる。

DSC09926.jpg
笑ってる。

DSC09929.jpg
イグレシア。

DSC09931.jpg
ラゴ。

DSC09934.jpg
モニュメント。

DSC09939.jpg
カラフル。

DSC09940.jpg
家の中に電柱。

DSC09942.jpg
お土産。

DSC09946.jpg
花と山。

DSC09947_20180308005151f07.jpg
工事中。

DSC09949.jpg
キス。

20時、すでに眠い。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply