FC2ブログ

3月13日 コスタリカのサンホセ日本人学校を訪問。ウビタ、良い感じの雰囲気を気に入りました。中米縦断、気持ちはすでに終了してます。

Mar 13。

午前中、宮治さんに鍵を返さないといけないこともあって、コスタリカのサンホセ日本人学校を訪問した。校長先生に挨拶させてもらった後、体育に参加。バスケとサッカー、楽しむことに人数はさほど関係ない。その後、校内を見学させてもらう。職員室、手洗いうがい、歴史年表、そうじ当番、図書室・・・懐かしい言葉たちがズラリと並んでいる。修了式も後ろで見せてもらう。子どもたちの立ち居振る舞いや先生方の表情なんかを見ていると、不意に涙が溢れてしまった。学校とか学生とか、そういうものにめっぽう弱い。感情移入や回想がハンパじゃない。ほっこりさせてもらって、静かにその場を離れた。

良い雰囲気だった。10人と少しの小学校・中学校の生徒たちは、みんな挨拶がきちんとできて、良い雰囲気を持っている。宮治さんがそうであるように、どの先生も良い表情と優しさが備わっている。学校自体が、ぼくにはとても良い空気を持っているように感じた。なにかその平穏が、今のぼくにはとても必要だったんだなと感じる。そこから1時間15分ほど、また思いバックパックを背負って歩く。サンホセ中心部からさらに少し下ったところにあるバスターミナルへ。チケット売り場のお姉さんが美人でしかも優しい。あー、めっちゃ優しい日やなーと思ってたら、めっちゃ無愛想な運転手。おい、どないやねん。

ウビタ到着。山道を30分歩く。今日はバックパックたちと2時間以上は歩いている、そして汗ダクダク。すんげー開放的なホステルで、めちゃくちゃ雰囲気がいい。町の雰囲気も自分に合っている気がする。ツーリストが多い、でもツーリスティックではない感じも残っている。お店のひとが優しい。好きだな、ここ。明日は写真撮ったり、町歩いたり、滝見たり、精力的に動く。写真も撮らないと、コスタリカでまともな写真がない。今までの国と全然違う旅のスタイルになっていて、本当に面白い。ピンク色の夕焼けを見た。明日もまた良い1日になると確信できた。それにしても、急にまたひとりはやっぱ寂しいな。

”コスタリカのサンホセで宮治さんを訪ねる”というのは、中米を縦断する中で自分にとって大きな目的の1つだった。それが終わった今、なんだかもう中米が終わった気になってしまっている。旅の終盤だからというのも相まって。残すはコスタリカとパナマなのだが、まったく何もする気に今はならない。19日のフライトは早朝だから、実質残り5日。ゴールが見えて失速している。今まで長期滞在していた国の最後は、かなり大きな目的を置いておいた。尻すぼみ体質な自分を知っているから。今回はまぁいつもとは違う感じで行こう。パナマシティへ入って、いろんな面でリラックスしておきたい。大冒険の前に。

DSC00190.jpg
泣いてしまった。

DSC00157.jpg
めちゃくちゃ懐かしい。

DSC00160.jpg
手の洗い方。うがいの仕方。

DSC00158.jpg
校舎。

DSC00161.jpg
中学部。

DSC00162.jpg
机と椅子。

DSC00163.jpg
図書室。

DSC00165_20180315093939064.jpg
校舎2。

DSC00166_20180315093941ba3.jpg
廊下。

DSC00167_20180315093942ca8.jpg
体育館。

DSC00169.jpg
下駄箱。

DSC00171_20180315093945dd8.jpg
ボール。

DSC00173.jpg
ゴール。

DSC00176.jpg
宮治先生。

DSC00179.jpg
大休憩にサッカー、全校生徒で。

DSC00180.jpg
もう一度校舎内へ。

DSC00182_20180315093954da6.jpg
コーヒー、頂いてしまった。

DSC00185_201803150939576e1.jpg
そうじ当番表。

DSC00181.jpg
明日、卒業式だって。

DSC00183.jpg
職員室。

DSC00186.jpg
懐かしいことだらけ。

DSC00187.jpg
修了式始まりました。

すこぶる眠い。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply