FC2ブログ

3月15日 コスタリカから中米縦断最後の国パナマへ。どうやらぼくは女性を怒らせる天才。昨日いたジャパニーズはどなただろうか。

Mar 15。

Uvitaウビタからローカルバスでコスタリカーパナマ間の国境を目指す。ぎゅうぎゅう。バス停間の距離が短すぎへん?ってのはいつも通りで。Ciudad Neilyで乗換え、Pasó Canoasへ。車なら1時間半くらいのところを4時間。出国税を払う場所がイミグレと別で迷った。大雨が降ってきたので雨宿り。予想通り、カンビオはこの2カ国の国境にはいなかったので、残りのコスタリカ通貨をすべて使い切る。国境はちょっと贅沢できる場所。そこからバスに乗ってDavidダビドへ。順調かどうかは知らないが、着いたからOK。ホステルのオーナーがバンクーバー出身のカナディアン。ちょいと話に花が咲いた。

そういえば、パナマの国境では本来必要な出国チケット、それから500ドル以上の資金証明もなーんにも提示を求められなかった。ニコニコ作戦成功?的な。イエローカードはこのタイミングでは必要ないのだろうが、いちおう見せておいた。聞こえたフレーズは、聞き取りにくい"プロフェッション?"と聞き取りやすい"ウェルカムパナマ"だけ。明日から3日間はパナマシティ内のホステル、今までの経験上都心部のバックパッカーズはめちゃくちゃ苦手。ベネズエラへ向けて色々落ち着いて準備をしたいのだが、お金のことを考えて安宿を取るとそれもなかなか難しいか。まぁなるようにしかならんのだよな。

どうやら、ぼくは女性を期待させて落胆さえて怒らせる天才のようだ。南米のルート、元々はコロンビアから南下ルートを考えていたが、それはやめた。そのことがきっかけで、ひとりの女性との関係が途絶えた。ぼくと再開できることを楽しみにしていたようだ。当然、ぼくも楽しみにしていたが、こればっかりはどうしようもない。冷たい言葉をいただき、終了。いつまで経っても女性の気持ちというのはわからないものだ。男とか女とか、面倒くさいな。なんで”人間として”ってカテゴリに入れることはできないのだろうか。恋愛対象になると、なぜ友達や仲間には戻れないのだろうか。謎が多い。ずっと謎だらけ。

昨日、同じ部屋同じベッドにジャパニーズが泊まっていたんだよ、と宿のオーナーが教えてくれた。こんな辺鄙な場所、できれば会ってみたかったもんだ。いま中米を旅しているジャパニーズはどれくらいいるのだろうか。ぼくが知っているひとは皆、南米である。みんな南米に時間が足りなかったと口を揃える。ぼくは果たしてどう感じるのだろうか。ベネズエラ内のルートさえ、なんにも決められていない。カラカス、どれくらい滞在するのだろう。そうそう、サンペドロ・ラ・ラグーナで知り合ったトモさんがそろそろ出発するかもしれないと連絡をくれた。彼は正真正銘の旅人、またどこかできっと再会する。

IMG_1973_2018031709550624a.jpg
かわいい。

IMG_1976_2018031709550856d.jpg
ネイリーのバスターミナル。

IMG_1979_20180317095508d6a.jpg
いつまで待つか不明。

IMG_1981.jpg
国境到着。

IMG_1983.jpg
どの店で出国税払うねん。

IMG_1984_201803170955130fb.jpg
二度目待ち。

IMG_1985.jpg
大雨。

IMG_1986_201803170955168ac.jpg
パナマ。

IMG_1988.jpg
ありがとう、コスタリカ。

IMG_1991.jpg
バス内。

IMG_1992.jpg
ダビド到着。

IMG_1995.jpg
ひといっぱい。

IMG_1997.jpg
歩いて、

IMG_1998.jpg
木があって、

IMG_2002.jpg
ホステル到着。

IMG_2006_20180317095532c97.jpg
一昨日くらいから晩飯は白飯と味噌汁。

明日はパナマシティへ。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply