FC2ブログ

コスタリカ・パナマで黄熱病の予防接種が簡単にできます。

コスタリカ・パナマで黄熱病の予防接種が簡単にできます。

少しは役に立つかもしれない情報も乗せておくことにします。
訪問する国やルートによって違いはあると思いますが、南米へ行く前に、黄熱病の予防接種が必須になってくることが多いと思います。ペルーやその他南米諸国でも黄熱病の予防接種・イエローカードの取得は可能だと思います。今回は中米から南米へ下る、しかもパナマから南米諸国へ抜ける方向けに情報提供できればと思います。

まずはコスタリカ・パナマともにPharmacia(Pharmacy 薬局 ファルマシア)で黄熱病の予防接種を受けることができます。ワクチンがあるかどうかは、その薬局で聞けばわかります。スペイン語が全くできなくても単語で大丈夫です。

黄熱病 yellow fever : fiebre amarilla
予防接種 vaccination : vacunación

昨年2017年までパナマでは$5で受けられる場所もあったようですが、2018年現在では国外者は皆$100かかる、という情報がヨーロピアンが残してくれた旅記事に書かれていました。薬局や病院によってはまちまちだと思うので、それぞれ確認してください。ここの内容は、あくまでぼくが提供できるほんの少しの情報です。

ぼくは1件目のファルマシアで「ここにはワクチンはない。」と言われ、近くのファルマシアを紹介してもらいました。”そのファルマシアの名前を書いてください”と伝えれば、教えてくれます。必要なモノはパスポートと現金のみ。ぼくが受けたところでは$102ドルでした。10分もかからず終わります。書類を受け取って、今度はMinisterio de Salud 保健省へ向かいます。地域地域にあるので、調べてください。予防接種を打ってくれた先生に聞けば、そこから一番近くの保健省を教えてくれると思います。

保健省 : Ministerio de Salud
イエローカード : Tarjeta amarilla

そこで予防接種で使用した注射が入っていた箱と受け取った書類を提出します。ここで必要なのはパスポートのみです。1枚書類を書いて、イエローカードを受け取って終了です。日本で受けてくるとのそこまで金額に差異がないので、もしかしたら需要がないかもしれません。が、もし必要な方がいて、ここにヒットして少しでも助けになれば幸いです。簡潔にまとめすぎているので、わからないことがあれば連絡ください。以上です。

↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply