FC2ブログ

3月19日 part 2 世界一の殺人発生率を持つ街ベネズエラのカラカス、現地人から聞いた2018年3月現在、これが本当のリアル。

Mar 19。

いま普通に働いくひとたちの給料は、月平均600,000ボリバル。これがどれくらいを意味するのか想像がつくだろうか。ブラックマーケットと呼ばれる闇両替で、1ドル250,000ボリバル前後。そう、3ドルくらいの月給ってこと。銀行や正規のレートでは、1ドル35,000ボリバル前後。約7倍ってところかなって話だった。この話で大事なのは、その給料ではなく物価の恐ろしすぎるインフレ。19日の晩飯に食べたサンドイッチ、約5ドルだ。スーパーマーケットに行った。350mlのヨーグルト1本、約5ドルだった。来月には、明日にはまた値上がりする。とても暮らすことなんてできないよなと、アントニオは言った。

晩飯からステイ先までの帰り道、窓を開けて車から外を眺めていた。普通の格好をした青年がゴミを漁っている。1ブロック先で、また同じ光景を見る。一滴の水分を探している。今日行ったお店、以前はたくさんのひとで賑わっていた。いまはガラガラ。その給料でどうやって皆生活しているのか?と聞いた。海外に出稼ぎに行っている家族から仕送りをもらうひと、経済危機が起こる前までにある程度しっかり稼げる仕事を持っていたひと、そんなところだろうと。ぼくの拙いスペイン語、アントニオとディエゴの拙い英語ではこれが精一杯の会話だった。もっと知りたいところまで、全然踏み込めず、真相は謎なまま。

アントニオの友達、23歳のディエゴ。彼も1年間ドミニカ共和国へ不法滞在・不法労働してお金を稼いできたらしい。そういう方法でしかここで生きるのは難しいと。このタイミングでヒロキが来ている意味が全然わからないと言われた。大きくて新しい車を見かけると、ゴビエルノ(ガバメント)だとすぐにわかる。ガソリンはタダも同然、でも他が高すぎて車を”買うひと”ではなく”買えるひと”が一般人にはいないって。でもみんな口を揃えて言うのは、まずエコノミコ(経済)がダメだってこと。殺人がどうとか犯罪がどうとか、そんなこと論点には上がらない。ニュースやネットと、論点は確実に違うとこにある。

大統領チャベスがキューバのフィデロ・カストロと手を組んで、全てがおかしくなった。今のベネズエラは以前のキューバのようだと。チャベスが嫌いでも、政府が操作するから誰も選挙に行かない。選挙に誰も行かないのに、とんでもない得票数になるんだって。間違いなく一昨年よりも、去年よりも、いまがいちばん経済が破綻している。危険度も同じだろう。そして、明日が、明後日が、来月・来年が間違いなくいちばん経済がわるくて危ない。店員さんは皆冷たく、笑っていない。でも、街中ではやっぱり普通の生活が見える。いろんな矛盾やわからないことが頭の中を錯綜して、すでにパンク寸前になっている。

今日から数日間、ぼくはこのベネズエラのカラカスという街を歩く。見せ方が上手なわけでもなければ、クオリティーや読者目線もクソもないので、youtuberや人気ブロガーのようにはいかない。でも、今日からの記事をできるだけ多くのひとに見てもらえたら嬉しい。価値ある情報として。世界でいちばん危ないとされる都市を勧めたいのではなく、ニュースやネットが、いかに小さな側面だけを取り上げて、それをとことん誇張しているのかだったり。そんなことだけを鵜呑みにして、考えもせず受け身に行動してしまうことが、どれだけリアルとかけ離れているか。結局ぼくが見るここだって、断片でしかないけれど。

IMG_2114.jpg
カラカス到着。

IMG_2116.jpg
カラカス空港内。

IMG_2115.jpg
カラカス空港内2。

IMG_2117.jpg
市内へ向けて。

IMG_2118.jpg
山にあるのはスラム街。

IMG_2123.jpg
色々と説明してくれる。

IMG_2121.jpg
アントニオとディエゴ。

IMG_2125.jpg
カラカス市内が見えてきた。

IMG_2126.jpg
住宅街を抜けていく。

IMG_2128.jpg
緊張してたかもな。

IMG_2130.jpg
涼しい。

IMG_2132.jpg
左の奥に見えるのがパルケセントラル。

IMG_2135.jpg
給料と物価のバランスが問題。

IMG_2136_20180321123407380.jpg
焦点をズラしてはいけない。

IMG_2145.jpg
今日の部屋。

明日も長くなるかもーなー。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply