FC2ブログ

3月31日 南米一小さい国々の国境越えで、ガイアナからスリナムへ。超美人バックパッカーに恋をする。入国に43ドルはヤバくないか?

Mar 31。

午前3時20分起床、4時前からミニバンを待つが予想通りやってきたのは4時半過ぎ。ガイアナのジョージタウンを離れ、スリナムのパラマリボを目指す。ドライバーの飛ばし方が異常。いつも思うのだが、なぜ途上国のタクシーやコレクティーボのドライバーはこれほどの運転をするのだろうか。余裕がないとかじゃなく、これが文化だとしたら、それはいろんなツッコミどころが満載。4時間近くでガイアナースリナム間の国境、ボート乗り場に到着。ガイアナの出国は余裕。フェリーの時間が急遽変わったらしく、2時間近く待つことに。今日は移動日、なんかふやけたような気が入らない感じで、時間を過ごす。

アメリカのコロラド出身の超美人バックパッカー、キャラリンと出会う。さっき書いたミニバンを予約してくれたのも彼女だ。僕とは反対回りでコロンビアから南米を一周し、もうすぐ旅を終えていったんコロラドに戻るらしい。ハワイ、オーストラリアに住んでいたり、Uberのドライバーしたり、世界50カ国以上回っていたり、とにかく経歴がとても面白い。それに親しみやすく、とても優しい。アメリカ人自体にそんなに会う機会がなかったのだが、こんなにも心身ともに魅力的なひとがいるのだなと思う。今日の移動中、ずっと一緒に行動してくれて、たくさんの話をさせてもらった。こんな彼女いたら人生潤うなー。

スリナム、日本人には要らないはずのツーリストカードをなぜか無理やり購入させられる。しかもガイアナの大使館では25ドルらしいものが、イミグレで買うと43ドルもした。後ろにいたスイス人の男の子も「めっちゃ高くないか?」と呆れていた。彼は友達がスリナムに住んでいるらしく、1週間ほど訪ねてまたヨーロッパに戻るらしい。そんなこんなでスリナム入国。ここも余裕。またここで1時間30分以上待ってミニバン出発。夕方18時前にはパラマリボに着いた。雰囲気的にとてもいい感じの街に見える。2泊の予定を1泊追加してゆったり歩こうかなと考え中。宿も落ち着いていてとても居心地が良さそう。

次に向かうのはフランス領ギアナ、カイエンヌなのだが、2泊予約していたAirbnbをキャンセルした。1泊分また余分にお金が消えていってしまったのだが、それでも違和感しかない対応でおそらく泊まっても色々厄介ごとになったことが想像できる。文化が違う国の祝日なんて知らないのに、それで日程変更を頼むと追加料金を求められた。わからんでもないが、そこは融通というか優しさが欲しい部分だと僕は思った。フランス領ギアナは宿がない。宿はあるがめちゃくちゃ高い。2拍が限界。そのあとはいよいよ南米でもっともでかいブラジルに突入していく。いかんせん、変なルートをたどっている自分がおかしい。

今日泊まっているゲストハウスのゲストノート、この半年の間だけで3名の日本人バックパッカーの寄せ書きを見つけた。来ているもんなんだなーと思う。彼らはどんなルートでどんな感じできたのだろうか。色々調べても彼ら3人はおそらくブログなんかをしていない方々。僕はグアテマラのサンペドロ・ラ・ラグーナとキューバのハバナの情報ノートに自分の連絡先を書いておいた。まぁ普通のバックパッカーには違和感しかないタイプなので当然連絡は来ないのだが。僕はそういうひょんなところから繋がりや出会いを楽しみたいし、大切にしたいなーと思っている。誰かに連絡するってすごく労力がいることやもんね。

IMG_2335.jpg
アントニオがくれたカラカスの写真。

IMG_2331.jpg
これはベネズエラ最終日やったかな。

IMG_2336.jpg
ベネズエラのドリンク「Marta」。

IMG_2338_201804012016236a0.jpg
ここから今日。

IMG_2339.jpg
国境の公園で待つ。

IMG_2340_201804012016264f5.jpg
のどか。

IMG_2342_20180401201628915.jpg
船。

IMG_2343.jpg
船の上で45分くらい。


IMG_2344.jpg
めっちゃ綺麗なキャラリン。

IMG_2345_20180401201632151.jpg
スリナム到着。

IMG_2348_20180401201635c0b.jpg
宿到着。

IMG_2352_20180401201635f42.jpg
まだオランダ語には触れてない。

公用語オランダ語、未知。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply