FC2ブログ

4月8日 まさかのフェリーに乗れない?!これぞアマゾンの24時間船旅が始まる。バックパックにゲロ吐かれる事件、シバいたろか。

Apr 8。

朝6時、うるさいおっさんになぜか起こされる。久しぶりに関わりたくないタイプだ、まったく。7時過ぎに別のフェリーへ。ここでまたもやハプニング。なんかの確認がとれるまで、ぼくはフェリーに乗れないんだとか。一緒にいる親切なおっちゃんが、ハンモックを先に取り付けてくれたり、コーヒー持って来てくれたり、助けてくれる。そして、ずっと一緒に待ってくれる。「一緒にお金も払ったのに理解できない」と、彼もだいぶ苛立っている。9時前になぜかOKが出る。毎日ハラハラさせられる。ツーリストがいないところに来るとほんと大変だな。このレアな状況を楽しむだけの余裕を持てずカッコわるいな。

船内でフランス領ギアナからブラジルの国境まで一緒だったフランス人のマリオンと再会する。すごく心配してくれてたみたいで、とても喜んでくれた。英語でまともに会話ができる唯一の相手、船が出航してからもお互いかなり話し込むことに。フェリー自体は11時にマカパ・サンタアナの港を出て、24時間かけてベレムBelémへ向かう。と言いながら、情報ではやはりそれ以上の時間がかかるようだが。まぁ気長に。朝のトラブルのせいで、満足に食糧を買えなかった。船内のティエンダは高いかもしれないので、よっぽど腹が減ったらそこで買うことにしよう。色々あるけど、本当にひとが助けてくれている。

アマゾン川をぐんぐん進む。久しぶりに青空を見る。途中、アマゾンで暮らすたくさんの小集落に近づくたび、船内から袋ががアマゾンに投げられる。どうやら食物と衣類らしく、彼らの貴重な生活資源だとか。とはいえ十分ではないだろう、いったい彼らはどうやって飲料水や食料を確保しているのだろう。小舟でフェリーに近づいてくるのは、決まって小さな子どもたち。おそらく貧困な暮らしなのだろうが、ここで暮らすことを決めているのは彼ら自身。わざわざスラムのように振舞う必要はあるのだろうか。たくさんの小集落があるのだが、これらのアマゾン全体を足すと、かなりの民族・人々が住んでいるらしい。

夕方、近くのハンモックで寝ている、揺れもあるフェリーでアホほどお酒飲んで酔っ払ったおっさん。油断してたら僕のバックパックの上にゲロ吐きよった。瞬時に避けきれず…。サイアクや。絶対こういうわけわからんやつおると思ってたけど、案の定被害者が自分ってか。このサイアクな事件もぼくの責任か?危機察知能力が足りないのか?んなアホな。この事件から自分のハンモックを離れられず。あー大好きなサブバッグ・・・ショックが大きすぎる。苦しそうに眠ってるその顔面を、マジのグーパンチでアゴをバチコーンしたい。我慢じゃ。「こんなに焼けた」と胸元バッサーン見せてくるマリオン。可愛いければ。

IMG_2583.jpg
無数のハンモック。

IMG_2533.jpg
無事に乗れた。

IMG_2546.jpg
マリオンと。

IMG_2555.jpg
トイレより。

IMG_2579.jpg
親切なおっさんA。

DSC00897.jpg
それぞれの時間。

DSC00903_2018041222581591a.jpg
アマゾン紀行。

DSC00906.jpg
ルーフに上がってみる。

DSC00909.jpg
イメージしてたアマゾン川の色。

DSC00911_20180412225820b54.jpg
よく乾くやろうな。

DSC00916.jpg
船内のカフェテリア。

DSC00930.jpg
操縦席。

DSC00934.jpg
いい景色。

DSC00936.jpg
耐久レース的な。

DSC00900.jpg
ハンモックさらに増える。

DSC00937.jpg
自分の陣地から。

DSC00941_20180412225829a8c.jpg
マジのジャングル。

DSC00946.jpg
モノをもらいにやってくる。

DSC00951.jpg
白い点々が投げ込まれた袋たち。

DSC00957.jpg
あっちも、

DSC00969.jpg
こっちも。

DSC00976_201804122258367a0.jpg
奥へどんどん進んで、

DSC00987_20180412225837767.jpg
またこっちにも。

DSC01002_20180412225839c57.jpg
ずっと続くアマゾンの民族集落。

DSC01016.jpg
船のかち合い。

DSC01028.jpg
陽が沈む。

DSC01032_2018041222591065b.jpg
お気に入り。

DSC01043.jpg
ちょっと盛り上がる。

DSC01048.jpg
ハンモックの場所はすでに暗い。

DSC01052.jpg
1日が終わる。

寝てアマゾン、起きてアマゾン。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply