FC2ブログ

4月9日 26時間かけてアマゾン川を渡りきる。後日談でわかったフェリー乗船時の危機一髪。3日間シャワーなし、着替えなし。

Apr 9。

船内のトイレ、何回アマゾンの黄金色の川水で流してもプカプカ浮いているウンチ。誰のや。横のトイレもかい。うわ、待たれてた。絶対あのウンチぼくのやって思われてる。ハンモック、よく眠れたとは言えないが、大丈夫。午前6時から無料の朝飯が支給された。パン、りんご、バナナ、メロンにコーヒー。簡素だがありがたい。そこから親切おじさんのポルトガル語講座が始まる。名前はどうやらクラウドということはわかった。5回は聞き直したかな。お互いの暇つぶし的な感じで、飽きるまで話す。彼がスマホを使うのがヘタクソということだけは、言葉がなくてもわかる。ふたりで笑う。酔っ払い、復活しとる。

予定より2時間遅れの13時にBelémベレンの港に到着。思いの外、かなり大きな街。クラウドの親族が待っていて挨拶する。彼女らは当然ポルトガル語しか話せず、見ず知らずのアジア人を多少なりとも警戒しているのがわかる。クラウドの姪っ子がGoogle翻訳を使いながら、ぼくと会話を楽しんでくれる。どうやらやかましいおっさんとクラウドも親族のようで、おっさんはやっぱり変わった人格らしい。昼飯をご馳走してもらう。みんな僕のことをすごく心配しているみたい。わかったことは、フェリーのスタッフが僕をいろいろ騙して乗船させないところだったらしい。結構ヤバかったみたい。後日談的なやつ。

自宅へ帰りたいはずなのに、バスターミナルまでわざわざ一緒に来てくれて、チケット購入を手伝ってくれたり、ゲートを案内してくれたり。なんだか付きっ切りで全部クラウドに助けてもらった。Facebookを交換して、何か困ったことがあればなんでも言っておいでって、どんだけええ家族なんだ。ここからお得意のバスターミナル待機。今日は5時間強、まぁぼちぼちか。足が臭い、頭がかゆい、雨季のアマゾン、極限の湿気の中を三日三晩まったくシャワーをしていないどころか、着替えてもないから当然か。コンタクトレンズも付けっ放し。こんなに清潔感のない人間やったかな。顔の吹出もんの数がすげー。

バスチケット売りのにいちゃんもGoogle翻訳を使って日本語に変換してわざわざ教えてくれた。Belémベレンの町並みは結構イカつかった。ここはあんまり治安良くないって、クラウドが言っていた。確かに雰囲気は結構危なそうな感じ。でも、今のところ出会うブラジル人は、めちゃくちゃいい人ばかり。フェリーの上でもたくさんのひとが笑顔を届けてくれた。どっちつかずな緊張感がずっと襲ってきている。旅人も観光客もいない場所を行く貴重な時間。大切に、大切に。それにしてもびっくりするくらいブラジル人は英語ができないんだな。まぁなんにせよ、まだまだ休息することなく、移動は続いていく。

IMG_2601.jpg
好き、この写真。

DSC01053.jpg
起床。

DSC01057.jpg
鮮やかな色。

IMG_2596.jpg
いい朝だな、アマゾン。

IMG_2608.jpg
一気に明るく。

IMG_2611_20180412230818263.jpg
今日も各々の時間。

IMG_2613.jpg
少しずつ雰囲気が変わってきた。

IMG_2635.jpg
クラウドとフェリーで出会ったブラジリアン。

IMG_2638.jpg
海ではなく、川。

IMG_2648.jpg
片付けが始まる。

IMG_2654.jpg
ベレンの町が見えてきた。

IMG_2659_20180412230827a26.jpg
まさかの高層マンションだらけ。

IMG_2668.jpg
マカパと全然ちゃう。

IMG_2672.jpg
港の水も同じ色。

IMG_2677.jpg
無事に着港。

IMG_2688.jpg
ガッツリ奢ってもらいました。

IMG_2695.jpg
じゃじゃ降り。

IMG_2697.jpg
グッドイヤー。

IMG_2698.jpg
バスターミナル。

IMG_2707.jpg
搭乗ゲート。

IMG_2711_20180412230856eef.jpg
しょぼいバスやなおもたら、

IMG_2712.jpg
でかいの来た。

IMG_2716.jpg
車内から。

IMG_2718.jpg
これ以外の場所が

IMG_2724.jpg
イカつかった。

明日ようやく落ち着けるかも。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply