4月21日 日本の地球の裏側、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロに最高の家族ができた。心を込めたオブリガードとキスの交換。

Apr 21。

今日もパサパサのパン、とろみのないフレッシュジュースと極薄のコーヒーから始める。午前中2時間弱、コパカバーナのビーチ沿いを話しながら歩く。彼女は日本へ帰国する。半年の旅を終えて帰国する彼女の傍、ここまで5年そしてここからも5年という自分がいるというギャップに、ふたりして笑う。彼女の今回の旅の最後にお邪魔してよかったのか、いまでもわからないが、僕はこのタイミングで彼女と話すことができてとてもよかった。いつも言っているいつも通りのこと「必要な時に出会う」のだ。ものすごく解放され、気をいい具合に緩め、再度引き締める。そんな時間を、本当にありがとう。また必ず。

ここからはまったく別のリオストーリーが始まる。ブラジル人の友達モイーセスに会いに行く。そして、彼以外はポルトガル語しか話せないというその自宅へ泊めてもらう。待ち合わせをして、セントロからリオのローカル路線の電車に1時間ほど乗る。彼とも初対面で、お互い少し距離感を探るような、でもたくさん今まで話してきてやっと会えたという嬉しい要素も含んだ会話になる。彼の家に到着した。10人近くの見知らぬブラジル人がみんな笑顔で迎えてくれる。3日間お世話になる。それぞれと挨拶をし、ちょこんと座ったところで、ビールと御飯がやってくる。どんな時間になるのかイメージもつかない。

次々に質問される。モイーセスが通訳となり、ぎこちない会話が成立していく。彼の母親は強面だが、とても気を遣ってくれているのがよくわかる。彼のお婆も健在だ。どちらの名前もパウというふたりが音楽に乗せてサンバを踊っている。おばさんもニコニコパワフルだ。少し英語のわかる青年と日本語を勉強しているタイちゃんと。それから隣のおじさんは誰だ。僕にとっても、それから彼らにとっても、とても奇妙でスペシャルな時間になりそうだ。日本からの客だ!と何度も口を揃える。なぜかカラオケも歌わされる。説明ができないけれど、とても楽しい時間がここにある。ブラジル人の優しさにとことん触れる。

旅、家族のことなんかを聞かれる。あまりにもパワフルなカンバセーションスタイルに圧倒される。彼彼女同士の会話も激しい討論のようだ。そんな時にも黒人のパウが笑顔でずっとサンバを踊っている。お昼からずっと、おそらくみんなで100本近く飲み続けているビールと緊張の影響で、具体的に何を話したかまったく覚えていない。ブラジルの伝統料理シュラスコ、フェイジョアーダ、ヴィナグレッチ、ファロファ、デザートのクスクスをいただく。どれもこれも最高に美味い。分毎にプシュッとブラジルビールの缶が鳴る。一口飲んだだけのコップに三口分のビールが注がれていく。宴は何時間も終わる予感はない。

異国からの客人なんていない、しかもそれがブラジルの地球の裏側である日本からってことで、特別な目で見られる。でもその一方でみんながそうであるように、もうすでに家族の一員であるかのように接してくれる。ブラジルが、リオが、ブラジル人が、ひとが、どんどん好きになる。あまりのみんなの親切と温かさに今日だけで何度も泣きそうになる。モイーセスのお母さんに「お金を払う。」と伝えると「友達だからいらないよ」と言われる。感謝の気持ちを全部伝えることは難しい。一筋の涙とともにオブリガードの一言に想いをのせる。お母さんは優しい顔でおでこにキスをしてくれた。ブラジルに家族ができた。

IMG_2980.jpg
全員ではないけど集合写真。

IMG_2935.jpg
いつもここから。

IMG_2947_201804240540271d8.jpg
コパカバーナを散歩。

IMG_2949.jpg
ありがとう、しょーこちゃん。

IMG_2953.jpg
からのモイーセス待ち。

IMG_2955.jpg
マクドのアイス。

IMG_2957.jpg
リオでローカル線乗る旅人なんているのか。

IMG_2963.jpg
リオのママ。

IMG_2969.jpg
やさおっちゃん。

IMG_2970.jpg
パワフルおばさん。

IMG_2971.jpg
ママアゲイン。

IMG_2972.jpg
グランマ。

IMG_2973.jpg
左がパウ。

IMG_2975.jpg
モイーセスと。

IMG_2976.jpg
もう一人のパウ。

IMG_2966_201804240540373fc.jpg
シュラスコ。

IMG_2967.jpg
この後、サンバ参加しました。

僕は本当に幸運な旅人です。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply