5月1日 ブラジルからボリビア入国。えーっと本文中の例えが秀逸すぎる列車に乗って、サンタ・クルス・デ・ラ・シエラへ。

May 1。

周りを見渡して、いちばん美人で可愛いひとに聞く。ブラジル側コルンバのイミグレ、えらい並んどるなーはボリビアからブラジルへ入国する側やった。約1カ月ありがとう、なんだかんだ最終的に満足だらけの国ブラジル。そして、次の国ボリビアへ。入国カード書いたのにいらんかった。ジャパンパスポート強し。こんなにもスーイスイスイスイスーイな国境越えはいつぶりだ、ありがたいですね。タクシー、事前に20ボリバルと知っていたので、30ボリバルと言ってきた瞬間に鼻で笑ってやる。でもこの運ちゃんええヤツやった。バスターミナルか?と言われたが、トレインステーションだと答え、連れてってもらう。

今日も列車は走っているか?と聞くと、毎日走っていると返事がくる。チケット無事に買える。バスの値段と時間なんてわからないが、鉄道の情報があったので乗ることにする。2種類あるらしく、速くて高い日と遅くて安い日。今日は後者、魅力的な側ですな。車で8時間くらいの道のりを16時間かかかるらしい。荷物を預かってもらえないので、いつもどおりターミナルで時間を潰す。今日は4時間待ち、長椅子に横たわって流れているテレビを見ながらダラダラと。その前にコーラを買っておいた。コーラ率が高いのは、コーラがいちばん安いからだ。そして、この人工的な味はいつでも間違いなく美味しいのだ。

うだるような暑さを耐え抜き13時、ゆっくりと列車が動き出す。汗で身体がベタベタする。最近ずっとこの感じだ。汗のにおいが明らかに変わってきている。鼻にツンとくるクサいやつ。食生活のわるさがモロに出始めているのか。フィリピンでもらったTシャツ、毛玉だらけだ。そんなことを考えていると、いよいよ列車が波に乗ってきたか!と思うけれど、一向にスピードは変わらない。大阪で言うと、南海本線新今宮駅から難波駅のような、阪急電鉄中津駅から梅田駅のような、そんな終点へ向かうくらいのスローペースが永遠と続く。ちなみにそれにプラスしてUSJのバックトゥザ・フューチャー並みの揺れ。大迫力。

明日からの旅をイメージしてみる。体力も考えてスクレで2泊するか、そこからウユニへ。5日くらいあれば1回くらい満足の景色に出会えるはずだ。そこからアルゼンチンへ抜けて、プルママルカへ。5月11日、6年目を迎える大切な日は、サリーナス・グランデスに行けたらええな。列車、一般乗客は両手で数えられるほど、と思いきや途中の駅ですんごい乗ってきた。前のおっさん座席倒しすぎで太もも挟まる。痛い。移動日や国境を越える日、思い通りに時間を使えることってない。インドで誰とも話さず毎日ひたすら瞑想するヴィパッサナーがあるらしいが、こちとら毎回そんな感じなのではないか。それは違うか。

IMG_3272.jpg
バス待ち。

IMG_3276.jpg
国境到着。

IMG_3277.jpg
並んでますなーの側。

IMG_3283.jpg
ボリビアのイミグレ。

IMG_3291_20180504222537493.jpg
キハロの町。

IMG_3293_20180504222538167.jpg
コーラ。

IMG_3296.jpg
シンプソンズが永遠と流れている。

IMG_3314.jpg
いざ乗車。

IMG_3298_201805042225412a1.jpg
右向いて、

IMG_3300.jpg
左向いて、

IMG_3303.jpg
中も確認。

IMG_3306.jpg
中から確認。

IMG_3316.jpg
このような景色で。

IMG_3320.jpg
落ちたらあかんやつ。

IMG_3327.jpg
社内食堂にて。

さてさて、新しい国どうなるか。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply