5月22日 ブログや動画がやめられなくなる理由。ブエノスアイレスでもストライキに遭遇。アルゼンチン、美人ばかりでついていけない。

May 22。

脳みそが変化している。動画を撮ろうと決心してから、そのことだけが頭の中を支配する。道を歩けば周りの景色なんかに目が行かず、あーだこーだ、こんなことを喋ろうと考えては独り言を呟いてる。きっとyoutubeを仕事にしているひとたちの頭の中は、そんなもんじゃ済まない。ぼくは編集しようとは思わない。臨場感というか、その時の心の声を大切にしたいから。それにプラスして、編集まで絶対に手が回らない。現代が作り出したすごい仕事だと本当に感じる。でも、きっと続けてしまう理由がわかる。誰か一人でも見てくれている。楽しんでもらえている。それがわかるだけで、自分自身がとても楽しくなる。

行きたいエリアがあったので、支度して外に出かける。あれ?メトロの入口が閉まっている。あっちもこっちも。仕方なしに帰って調べてみる。ストライキ。ボリビアのスクレに引き続き、アルゼンチンここブエノスアイレスでもか。午前中に出かけなくてよかった。もしスクレでのメルカド監禁大事件のように、セントロへ向かったはいいけど帰りのメトロがない!みたいなことになっていれば、バスもわからないし、てんてこ舞いになっていたはずだ。フェデの家周辺をテキトーにブラブラだけした。ブエノスアイレスも少し郊外に出れば、のどかで優しい雰囲気のある普通の町だ。世界がどんどん好きになっていく。

夕方、フェデが働くカフェへ出向く。コーヒーテイスティングのイベントがあるからと誘われたからだ。10人弱、広告宣伝の方から違う店舗のスタッフ、他にもみんなコーヒーに詳しいひとたちが集まって始まる。しかも当然エスパニョールで、である。フェデができるだけぼくの隣にいてくれて通訳してくれたり、説明する他のスタッフに"イングリッシュも!"と促してくれる。ほんまにええヤツすぎて、嬉しすぎる。そういえば、弟との雰囲気が、面倒見の良さを物語っていたな。3つ年上、僕にとっても兄貴のようだ。それにしても、ここで働く女性からお客さんまで、全員美人やった。アルゼンチンあるある。

フェデの仕事が終わってからまた合流して、今度はウシュアイア出身の彼の友達の送別パーティーに行こうってことになる。申し訳ない気持ちでいっぱいだけれど、その分その時間を自分の中で目一杯楽しむことに集中する。それが恩返しというか、自分ができるこの時間を大切にする方法。集まっていたメンバーも、全然みんなできないのに"できるだけ英語で話すからね"と単語単語で話してくれる。人の優しさに触れる機会が多すぎて、ついていけない。そして、アルゼンチンの女性の8割以上が美人すぎて、ついていけない。今日はお開きが2時、帰宅した頃には午前3時に針が向いていた。本当、美人ばかりで天国だ。

いつここを離れようか、この先のルートどうしようか。決まらない、明日には決まるのだろうか。フェデといる時間が心地よすぎる。彼の性格がそうさせるのもあるし、ぼくたちがニュージーランドで培った友情の濃さがよく空気感に現れる。まったくない緊張感。自由に、自由に。ぼくもいつか誰かを日本の家に招待するときには、こんなふうでありたい。すごく尊敬できる人柄だ。もっといろいろ考えていたのに、ワインとテキーラが身体を支配して、すっかり忘れてしまった。ブエノスアイレスではこれでいいんだ。そう言われている気がする。明日は8時から仕事だと笑いながら、ベッドの片隅で寝床についている。

IMG_4030.jpg
コーヒーテイスティング開始。

IMG_4021_20180524041634ea2.jpg
昼飯。

IMG_4023.jpg
改めて、おしゃれな部屋。

IMG_4026.jpg
カフェ、NININA。

IMG_4028.jpg
おしゃれカフェ。

IMG_4035.jpg
こんなメンバー。

IMG_4038.jpg
豆の話から

IMG_4041.jpg
味の話へ。

IMG_4043.jpg
ペルーの味がお気に入りでした。

IMG_4047.jpg
パーティーへ。

明日はメトロ動いてください。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply