6月9日 ラパスで最安値らしい宿は、吹き抜け激さむ。僕自身のイギリスYMSビザの公式申請いよいよ大詰め。旅慣れボケかも。

Jun 9。

付いていないと思っていたデサユノ(朝食)があって、朝から気分上々。濃いめに淹れてくれているドリップコーヒーがさらにありがたい。昨晩に値段を確認して、おそらくラパス最安値と言われている宿へ朝から移動する。ラパスで朝飯付きの宿最安値はおそらく45ボリバール。今日から泊まるところは朝飯無しで30ボリバール。最近のレートだと7ボリバールが1USドルくらい。15ボリバールあれば自分で外でなんか食えるから、まぁどっちもどっち。居心地が微妙であればまた移動すればいい。とりあえずここに。

午前中はネットカフェと写真屋をハシゴして、イギリスYMSビザ申請用の書類を揃える。A4サイズの印刷をオフィシナって言ってた。おそらくオフィシャル公式用みたいな感じだろうか。少し心配していたけどカラーコピーも済ませて、念のため証明写真も撮っておいた。誤算は、ビザセンター来館予約日5日以内になって日時の変更ができなくなったこと。明後日11日月曜日に目論んでいたが、結局ギリギリの14日になってしまいそうだ。少しお金を払えば、空きがあれば先に申し込めそうなので月曜日にとりあえず行ってみる予定。どうなることか、書類は整っているのか、ボリビアから申請は受け付けてもらえるのか。

雨が降ったり止んだりの外。宿内がとても寒い。少し晴れ間が出てきたところで、別の宿へ値段を聞きにいく。少し外れにあるそこは、今朝までの宿と同じく朝飯付き45ボリバール。共有スペースにテレビもあるようなので、W杯が始まればそっちに移動しようと目論む。明日またいくつか聞きに行ってみよう。ラパスの宿事情にえらく詳しくなってしまいそうだ。帰り道、思いがけない高台の道にたくさんの露店が出ている。野菜から惣菜から、香辛料、日用雑貨まで。メルカドは歩いているだけで本当に楽しい。ナランハ(みかん)より甘いと促されて買ってみた柑橘系、味なさすぎて捨ててしまった。なんだ、あれは。

ラパスではビザ申請の都合上少し長く滞在することになる。都合よく沈没気味にダラダラと過ごせる気が合う仲間が見つかれば嬉しいのだが。どうだろう。同部屋にいる日本人の男の子が”ラパスは雰囲気の悪さを感じる”と言った。僕の感覚は鈍っているのだろうか。昨晩も今晩も少し外に出た。昼間も割と歩いた。まったくその気配がない。いつか強盗やら何やら僕もどこかでやられるのだろうか。平和というか普通の町と人々にしか僕の目には映らない。晩御飯、テキトーに歩いて、テキトーに見つけて、テキトーに頼んで、バシバシ食った。昨日の倍の値段がした。露店にブルーシートの囲いがあるかないかの違いか。

IMG_4830.jpg
散策。

IMG_4834.jpg
・・・。

IMG_4835.jpg
歩いてみる。

IMG_4837.jpg
少し曇りがち。

IMG_4838.jpg
バナナとみかん。

IMG_4839.jpg
とりあえず歩く。

IMG_4841.jpg
高台に来た。

IMG_4849.jpg
ここから賑わい始める。

IMG_4857.jpg
たくさんの露店。

IMG_4859.jpg
一生懸命商い中です。

IMG_4861.jpg
下手でも演奏しきる度胸。

IMG_4865_20180610220302a98.jpg
こんな風景。

IMG_4867.jpg
坂。

IMG_4869.jpg
明かりがあるから言ってみた。

IMG_4870.jpg
14ボリバールの晩飯。

明日は何しましょ。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply