6月16日 到着したのは、世界一標高の高いチチカカ湖を望むコパカバーナ。ボリビア国内最安値かもしれない宿に泊まる。

Jun 16。

泊まりたかった宿はやはり60ボリビアーノだと言われた。以前は15ボリビアーノくらいで泊めてあげられたけど、Wi-Fi等のサービスを増やしたこと、それからbooking.comなんかを使い始めたことで値段を上げたんだとか。自分の予算は50ボリビアーノで限界、そう出ないとラパスから移動してきた意味がなくなる。そしたら近くに25ボリビアーノで泊まれるところがあると紹介してくれたので行ってみる。わるくはなさそうとはいえないが、まぁなんとかなりそう。キッチンもあるのでかなり節約生活はできそう。5日以上泊まるからという理由で、テレビとシャワーが付いている部屋に案内してもらえた。よし。

コパカバーナ。チチカカ湖畔のビーチに行く通りは、完全にツーリスト通りになっている。小さい町に何軒あるねんとツッコミどころ満載のバス会社の量。やはりその辺りはおしゃれなカフェだったり、強気な値段設定のお店が軒を連ねている。セントロ付近では、ボリビアらしい雰囲気と両親的な値段。ここはボリビアで唯一のビーチがあるリゾート地として、ボリビアの国民たちのリゾート地でもあるらしい。少し標高が下がったのか、ラパスよりも夜はほんの少しだけ暖かく感じる。夕方、ひととおりグルっと町を歩いて回ってみた。明日以降、久しぶりにしっかりカメラで写真を撮ることにする。ラパスも撮らんとな。

12月にLAのメルローズ通りの靴屋で買った、ニューバランスのシューズ。甲部分の布が少し破れてきているくらいボロボロになってきている。半年以上よくも毎日頑張ってくれているなっていうことで、初めて洗ってみた。靴紐からも靴の中からもドス黒い水が溢れてくる。どれだけの汚れを吸ってきているのかがよくわかる。汗をかいても乾かすだけで3日間くらい平気で同じ靴下を履いている時もあるので、それも靴が臭う原因。ほんまにシャワーしなくなったし、着替えなくなったし、荷物を触らなくなっている。良い言葉で言えば旅慣れ、あかん言葉で言えば怠惰すぎる。でも、寝間着という概念はもう人生にない。

宿にWi-Fiが一応あるが、まったく繋がらない。すんげー安い料金で泊まれているのでガミガミ言うのも違うなと思って、ここは我慢。2日にいっぺんくらいカフェでコーヒーでも飲みながらWi-Fiを使うことにする。それでも安上がり。またどうせここで節約した分はどこかしこですぐ清算されてしまうのだが、予定より30ドル近くこの一週間で浮かせられる可能性がある。でかい。ビザ待ちの時間なのだから、できる限りの我慢は必要だろう。目を休める上でもWi-Fiはたまにない方が良い。宿のテラスから良い景色が見える。明日は近くの丘に登ってこよう。とりあえずは1週間、ここでの生活を楽しむことにする。

IMG_5290.jpg
いざコパカバーナへ。

IMG_5291_201806230413004fe.jpg
バス専用ボート。

IMG_5299.jpg
乗客はこちら。

IMG_5316_201806230413028fc.jpg
バスが湖を渡る。

IMG_5302_201806230413084a7.jpg
ボリビアーノ多め。

IMG_5307.jpg
対岸に到着。

IMG_5312.jpg
めっちゃ水綺麗なチチカカ湖。

IMG_5327.jpg
上からチチカカ湖。

IMG_5318.jpg
もうすぐコパカバーナ。

IMG_5333_2018062304130881f.jpg
到着。

IMG_5331.jpg
宿のテラスから。

IMG_5334_20180623041312ce9.jpg
とりあえず歩く。

IMG_5339.jpg
メルカド。

IMG_5350_2018062304131703c.jpg
ツーリスト通り。

IMG_5355.jpg
賑わいのなさ。

IMG_5335_20180623041318182.jpg
閑散。

IMG_5341.jpg
このお菓子多い。

IMG_5348.jpg
アナザーツーリスト通り。

IMG_5359_20180623041320d54.jpg
エスプラネード。

IMG_5367.jpg
アヒルボートなんぼほど。

IMG_5369.jpg
魚料理の露店たち。

IMG_5376.jpg
人いないねー。

IMG_5385.jpg
イグレシア。

IMG_5388.jpg
少し日が暮れてきた。

IMG_5391.jpg
町のど真ん中。

やっぱり落ち着く水のそば。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply