FC2ブログ

6月17日 ボリビアのコパカバーナ、観光地だなと思わせられる接客の数々。YouTube用のビデオ、テイク20でもまだNG。

Jun 17。

午前8時くらいにテキトーに起きて、まずはカルバリオの丘に登る。やはり標高が高いせいもあってすぐに息が切れる。ラパスとコパカバーナ、ひとり高地トレーニングみたいな感じになっている。快晴も快晴で、チチカカ湖を望むとても綺麗な景色が眼下に広がる。動画を撮影するが、しっくり来ないのでまた夕方出直すことにする。11時には宿に戻り、W杯のドイツ戦とブラジル戦を観戦する。試合間の1時間を使って買い物を済ませる。感じの良いにいちゃんのお店で昨日と同じ2つの卵を買う。感じの良くなかったおばさんを素通りして、隣のお店で野菜と果物を買う。ここも微妙な反応、明日はまた違うお店だな。

ボリビアのコパカバーナ。観光地だなっていうのをお店の人の対応の仕方が感じさせる。笑顔で挨拶しても笑顔であまり返ってこない。それどころか割と雑な扱いをされる。ボリビアらしくない。今まで他の街では優しい印象があったのだが、どうやら思い過ごしなのだろうか。もともと観光業の接客って難しいのかなって思ってた。毎回同じようにリアクションすることってしんどいのかなって思っていた。でも自分がスキー場で働いたり、カフェで接客をする仕事の経験をして、そうではないとわかった。その人それぞれが何を思いながら相手と対峙するかだけのこと。僕はいつもいつもお客さんと接するのが楽しかった。

夕方、またカルバリオの丘に登る。階段側ではなく、崖側から登る。道がなく、だいぶ苦労した。20分くらいでいける道のりに倍の時間を要した。ただ誰もいないその道から見るコパカバーナの町とチチカカ湖は、一段と僕の満足感をあげてくれた。再度、動画を撮影するも、やはりしっくりは来ない。大事にしたいテーマの撮影、また明日に持ち越し。テイク20は優に越えているだろう。今はその時間がある、しっかり想いを伝えられる一本にこだわろう。久しぶりに海、ではなく湖に沈む夕日を眺める。やはり水の近くに住むというのは、人間にとって必要不可欠な要素なのかもしれないと、どこか感じる自分がいる。

おそらくラパスの最安宿の時からだろう、喉に痰が絡む。Wi-Fiが宿になく調べごとすることもできないので、早めに寝ることにする。体調がわるいわけではないが、風邪の前兆なのかもしれない。気をつけないと。昨日今日、それからおそらく明日も決まって晩飯は、トマト、ピーマン、玉ねぎを塩コショウで炒めて、卵を突っ込んでマヨネーズで和えたものをおかずに、パンをかじる。デザートはバナナかみかん。1日の飯代10ボリビアーノを基準に1週間を耐え抜く。ここで十分な写真が撮れれば、ペルーのプーノは飛ばして、一気にクスコまで向かう予定。イギリスビザが載ったパスポートが待ち遠しくてたまらない。

DSC04307.jpg
昨晩。

DSC04312_201806230428064ab.jpg
今朝。

DSC04314.jpg
いつもここから。

DSC04317.jpg
今日は賑やか。

DSC04315.jpg
とりあえず抜けていって、

DSC04319.jpg
ここを登る。

DSC04323.jpg
ここをもっと登る。

DSC04329.jpg
モニュメント。

DSC04348.jpg
いいね。

DSC04353.jpg
十字架いっぱい。

DSC04354.jpg
でーん。

DSC04388.jpg
ビーチアゲイン。

DSC04397.jpg
エスプラネードアゲイン。

DSC04406_20180623042825e41.jpg
おしゃれカフェたくさん。

DSC04379.jpg
とりあえず歩く。

DSC04414.jpg
うんちくん的な。

DSC04336_20180623042835ae1.jpg
がんばれー。

DSC04350.jpg
コパカバーナ的な!

DSC04442_201806230428567f7.jpg
いい雰囲気。

DSC04438.jpg
断崖絶壁を登る。

DSC04466.jpg
日が沈む。

DSC04461.jpg
色が変わった。

DSC04482.jpg
今日もお疲れ様。

DSC04483_20180623042951855.jpg
帰りましょ。

DSC04484_20180623042952a44.jpg
すっかり夜だ。

明日には必ずビデオ!
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply