FC2ブログ

6月22日 ラパスで誰も知らない絶景夜景スポット見つけた。5個のみかんが13個に。あなたは歯磨きの話がそんなに好きなのか。

Jun 22。

いつか自分にも何か起こる。そんなことは十分わかっているし、覚悟はできている。それでも治安どうのこうの言われている場所での少しの警戒心は、充実感へとすぐに転換される。夕方から、おそらく夜は日本人の旅行者があまり近づきたがらないEl Alto エルアルトまで足を運ぶ。1時間くらいか夜景を見るために、もちろん歩いて。標高が原因なんだけれど、老けたなーと感じるほどすぐに息が切れる。何段あるのかわからない階段をひたすら登っていく。標高は250m上。振り向けばずっと素晴らしいラパスの景色が広がっている。早めに来すぎたか。スポットで1時間くらい夕焼けの移り変わりをただただ眺めていた。

すっかり暗くなったラパス。来た道を戻る。途中、寄り道した場所からまさに絶景を眺めることができた。きっと数少ない旅人だけが知るスポット。マップに説明される場所よりも遥かに綺麗な夜景スポットだった。20時に帰宅、慌てて晩飯の準備。南米旅を振り返ってみても、自炊の回数はかなり多かったんだなと回想する。外食するにしても、本当に簡単に済ませていた日々が多い。できるだけ懐に負担がかからないように。5個だけ欲しかったマンダリン、シンコポルファボールって伝えたら、それは5ボリビアーノってことになっちゃって、1つおまけしてくれた13個のマンダリンを押し返すことはできなかった。

今日は良い日だ。前回泊まっていたホステルでなく、別の場所へこの休日は充てたかった。するとコパカバーナからのバスは、なんとバスターミナルではなくてその宿の近くの別ターミナルが終点だった。テレフェリコに乗ることなく、事がスムーズに運ぶ。このエリアもまた活気があって、所狭しと魚、野菜、果物など色々な露店が出ている。オーナーが優しいと評判の宿、ファーストインプレッションでそれがよくわかる。5冊だけが置いてある本棚、最新のペルー地球の歩き方が置いてある。きっとペルーからボリビアへ南下してきたのだろう。いつも思うが、あんな重いガイドブックを持ち歩いていること、まじ尊敬。

連絡を取っていて、なにかが溜まっているんだと気づかされる。外国人の旅人と出会って、治安の話なんかしたことがないし、彼らの会話にそんな話は出てこない。でも、日本人はそれが好きだ。そういう経験が”話のネタ”という言い方をされる。正直、よくわからない。歯磨きや小便と同じ、治安もお金も安全も節約も。今日の歯磨きどうだった?とは話さない。今日の小便はどうだったと、ブログには書かない。もっと未来の、もっと希望の、もっと前進の話がしたかったり、聞きたくないかい。起きることは起こる。でもそれもただの旅の、人生の、いまの一部なだけであって。そう、ただそれだけのことであって・・。

DSC04716.jpg
絶景ここにあり。

DSC04637.jpg
さて行きますか。

DSC04640.jpg
まだまだ登る。

DSC04645.jpg
夕方も綺麗だ。

DSC04653.jpg
El Alto到着。

DSC04661_20180625094608f6f.jpg
ほのー。

DSC04666.jpg
バスケじゃないよ。

DSC04670.jpg
夜景まで時間あり。

DSC04677_2018062509452872c.jpg
ビューポイント。

DSC04687.jpg
真っ暗まで待たずとも。

DSC04694.jpg
いいね。

DSC04685.jpg
ここは去ることに。

DSC04705.jpg
人いない。

DSC04709.jpg
屋台。

DSC04715.jpg
いい景色だ。

DSC04734.jpg
絵になる。

DSC04719_20180625094642b79.jpg
いいねいいねいいね。

DSC04738.jpg
ラパスの夜景ってやつ。

DSC04728_2018062509471586d.jpg
余は満足じゃ。

DSC04753.jpg
お疲れ様。

写真で見返してもいい景色だ。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply