7月2日 サッカー日本代表、感動をありがとう。明日YMSビザの結果発表。バスケが世界に近づくのは2040年くらいか。

Jul 2。

めちゃくちゃ惜しかった。でも、ほんとうに感動する良い試合だった。サッカー日本代表、お疲れ様です。戦っている闘志がテレビを通してもヒシヒシと伝わってきました。メンバーをなぜ若手にしないのか?と言った自分の考えが間違っていたとは思わない。それとは全く別の話で、いろんな意味での逆境を乗り越えて戦った代表メンバーがとてもカッコ良かった。明日以降、楽しみが半減するのではなく、次のW杯に向けてワクワクが倍増する感覚。この前もここでちょっと話したけど、2022年カタールW杯はチケットの抽選に応募してみよ。どんどん強くなっていく日本サッカー、生で見てみる価値は確かにある。

予感通り、UKビザセンターからメールが届いた。ただ、サクセスしたかどうかは定かではない。とりあえずビザのプロセスが終わったから書類を取りに来てくださいといった内容のメール。明日14時に出向いてみることにする。ドキドキする。これでダメでしたーとかやったらまじで悲惨やな。まぁどちらにせよ、明日もう1日ラパスに滞在して明後日にここを離れてペルーへ向かう。おそらくまた夜行バスで。やったペルーへ入る。もう立ち寄るところは頭の中に。時間余るかとか当初考えていたけれど、YMSビザが下りていたとして残り2ヶ月半。ちょうど良い感じか。いやー、どちらにせよ前へコトが進みますな。

サッカーに重ねてバスケを考える。90年代前半にJリーグができて、そこからおよそ10年でW杯初出場、20年でようやく世界に対抗できるまでになった。昨年か一昨年、プロバスケリーグであるBリーグが発足した。おそらくカタチになってくるのが2030年くらいで、世界と渡り合えるかもしれないのは2040年くらいだろうか。バスケはNBAだけではない、でも日本よりもレベルの高いヨーロッパのリーグに挑戦している、挑戦しようとしている選手は限りなくゼロに近いのではないだろうか。旅や世界一周がそうであるように、スポーツもいろんな場所で、いろんなカタチがある。視野を広げてみてはどうなのだろうか。

イラン人カップルのエリーとアミン、それからドイツ人フランカ、アルゼンチン人パブロと晩飯を共にする。ディベートのように、みんなそれぞれの主張が強すぎて、だいぶエネルギーを消費した。とりわけ、エリーとフランカは我が強いのと、お互いのキツい英語のアクセントによって、なんか喧嘩しているように見えて何回も笑ってしまった。パブロだけは温和で、なんかずっと一緒にいても疲れない感じだな。3時間くらいだろうか、キッチンにこもって談話。世界共通の音楽はビートルズだったり、カーペンターズだったり。ジャパニーズミュージックをかけろと言われてとっさに流したのは、久保田利伸さんだった。

IMG_5588_2018070306241774c.jpg
宿でブラジルvsメキシコ。

IMG_5589.jpg
チキン食いながら

IMG_5590.jpg
ジャパンvsベルギー。

惜しかったなー、マジで。
↓クリック for "Like!”
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply